小刀研いでますっ!

小刀の列

ども!こばさんです!

 

少年自然の家には刃物を使うプログラムがあります。

小刀を使って竹のハシを作ったりします。

 

小刀を自前で持っている子は最近はいませんので、こちらからの貸出です。

使えば当然、欠けたりしますので、

今日は全部研いでます。

えんえんと研いでます。

切れない刃物はケガをしやすいとのこと。

しゃりしゃり研いでます。

小刀きず

たくさん研いでいると

ちょっと変わった形になってしまった小刀さん登場!

 

右側はよく働いて短くなった小刀さん。

真ん中は過去の所員にグラインダーでもかけられたのか、

へんなところに削り跡がある小刀さん。

左側はどうしてこうなったのかこばさんも想像つかない

先端の傷がある小刀さん。

 

それぞれ、つかにもたくさんの傷。

それぞれ、なにか過去がありそうです。

数えきれない小中学生たちが使っています。

 

刃物をじっくりと観て、ゆっくり研いでいると、なにか語りそうな気がします。

これからもよろしく。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

雨の日も、お任せください♪

こんにちは。

今日の丸火は、濃い霧で気温は16℃ 湿度は73% まだ9月なのに結構肌寒いです。

所員のほとんどが長袖やベストを着用しています!

宿泊している子供たちは、気持ちいい霧雨の中、自然観察に出かけていきました♪♪

 

上の写真は、雨天プログラムの「ぶんぶんぜみ」準備の様子です。

木の棒の先に火であぶった松脂(まつやに)をつけて、熱々のうちに大き目のビーズをつけます。

固まったらぶんぶんぜみの一番大事な部分の、できあがり^^* 

玄関付近に見本としておいてあるのですが、子どもたちに大人気でよく遊んでいます。

「ジュワンジュワンジュワンジュワン!」と巨大な鳴き声が事務室まで聴こえてきます♪

 

丸火では、雨が降った時に竹をつかった「竹とんぼ」「竹箸」「ぶんぶんぜみ」

紙バンドを使った「あみかご」「コースター」「こま」などのプログラムをたくさん用意しています。

所員が子どもたちの様子をみながら、直接指導をさせていただきますので、ぜひお問合せください。

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

★まるびのイベントがいっぱい★前編

みなさん、こんにちは!でわちゃんです。

今日のまるびは晴れ、気温は24度、湿度は74% 心地よい秋の風が吹いています。

キャンプ場は2~5名くらいのご家族連れでにぎわっています!(9/24 午後2時現在)

 

※昨日までの数日間は、雨や霧で気温が18度までさがってフリース着用を考えたくらいでした^^*

 写真は、11月くらいの落ち葉の様子です。きれいな色に染まっていますね♪

 

秋からは、まるびのイベントがたくさんあるのでちょこっとだけご紹介します!

現在、受付中なのは「秋の丸火でオリエンテーリングを楽しもう!」10月21日(日)開催です。

 

オリエンテーリングとは、地図とコンパスを使って楽しむ、ナビゲーションスポーツ!

秋の丸火を歩きながら、制限時間2時間で白と朱色の移動式コントロールをさがします。

 

チームで協力して高得点を狙うもよし!ゆっくり丸火をお散歩するのもOK♪

ゴール後は温かい豚汁とご飯でホッと一休み。成績上位チームは賞状・記念品を贈呈します^^*

申し込みはこちらから!(9/23 午後2時半現在 まだ空きがございます)

10/4~受付開始なのは「ハロウィンかぼちゃランタン作り」10月28日(日)開催です。

 

本物のかぼちゃをくり抜いて、とってもかわいいランタンをつくります!

ちいさなお子さんでも簡単にできるので安心ですよ♪

大人女子でも、おひとりでも、お友達同士でも大歓迎です^^*

10/4~こちらから申込みお待ちしております。

10/20~申込み開始なのは「秋の家族自然のつどい~丸火の森の秘密発見~」11月18日開催です!

今年の秋の家族自然のつどいは「丸火の森の秘密発見」がテーマ♪

 

まるびの秘密の場所?!

溶岩洞穴・溶岩樹型・大淵小僧・炭焼き窯をめぐりながら、紅葉の樹木、秋の植物、動物、野鳥など、

自然散策を満喫します!

*未就学児を 含むご家族用のちびっこ探検コ-スもあります*

 

まだまだご紹介するイベントがたくさんありますが、今日はこの辺で♪♪

※年内のイベント情報はこちら

みなさまのお越しをお待ちしております!

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

はんごう炊飯だっ!

灰だらけ姫

ども!こばさんです!

 

本日は主催の中で火起こし指導でした。

 

普段こばさんはシショーに教わってなるべく灰が飛ばないように

『わりばしのせ、新聞紙少な目、うちわなし』

こだわりの火起こしやってます(らーめんみたいですけど)。

 

今日は指導なので、子どもたちは新聞紙を丸め方をおそわりました。

次は子どもたちはかまどに入れたいです。

たちまち、シショーの周りに子どもたちが集まり、

かまどで火をつけたシショ-に新聞紙をつぎつぎ渡します。

火起こし指導のシショーの頭も白くなってました。

 

少年の家に来る小学生たちはとにかくうちわであおります。

 いっしょうけんめい力いっぱいあおります。

あらゆる軽いものが舞い上がります。

 

児童対象の飯盒炊飯ではこばさんは帽子はかぶることにしました。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

 

 

少年の家 屋上だっ!

少年の家から富士山

ども!こばさんです!

 

こばさんにとって

なんとなくどことなく

異世界感のある丸火でしたが、

その原因が今日わかった気がします。

 

「富士山に近いのに富士山見えない!」

「広葉樹林と溶岩、あと生き物」

少年の家から愛鷹山

そう、富士山もそうですが、愛鷹山も。

こばさんの中では昔からの風景。

小中学校の校歌では必ず歌われる「富士山」。

そのいつもの「これでもか富士山」から

切り離される場所が丸火。

 

丸火は富士地区在住の人間が簡単に『いつもと少し違う』に来れる場所ですね。

ついでに駿河湾

今回は防災訓練のため、屋上から写真撮ってます。

少年の家は周りが緑の海にすっかり囲まれています。

人工の構造物がみえません。

丸火の自然をひとりじめだあ!

という感覚より、

大きな自然の中を漂っているような感覚です。

いつもとかわった自然の中へひたりにどうぞお越しください。

 

の時期はどうなるのだろうと今からわくわくです。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

まるびイベント紹介

ぼうさいきゃんぷ

みなさん、こんにちは!

今日の丸火の曇りで、気温28度、湿度は85%(8/29 午前11時現在)

ちょっと蒸していますが風が気持ちいいです。

夏が終わったと感じることが増えましたが、みなさまいかがお過ごしですか?

 

秋に向けてイベントの申し込みがはじまってきますので、ご紹介しますね!

 

いま受付中なのは「丸火で防災キャンプ」(9/15~16 で開催)

イベント詳細はアップしていますので、こちらをご覧ください。

このイベントは一泊二日です。

夜はドキドキ、自分でつくった「ダンボールハウス」で眠りにつきます。

体育館で泊まる機会はなかなかないので、貴重な体験と、もしもの時の<訓練>になります!

火の扱い方

火おこしから、食事の準備まで家族みんなで協力して行います!

二回目からは火の取り扱いもお手のものに♪

美味しい豚汁や、飯ごう炊き立てご飯..ほかほかみんなであたたまります。

ピザ

野外でもっちりふっくらピザの出来上がり!

その他にも、簡単にできる「足湯でコミュニケーション」

もしもの時に役立つ、ロープワークや、特別なものがなくても楽しめる自然遊びなどなど!!

防災知識がぎゅぎゅっとつまった内容になっています。

 

また丸火のイベントは

所員の専門性をフルに活用して企画を組み立てているところがポイントなのです。

今回の丸火で防災キャンプのキャンプ長は「ジミーさん」

防災士、ふじのくに防災士

ふじのくに防災フェローの資格を保有しています♪

 

ぜひ、こちらの申しこみフォームからご応募ください。

お待ちしております^^*(8/29 11時現在まだ若干の空きがございます)

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

ネットあったゾっ!

体育館,バレー,ネット

ども!こばさんです!

 

『体育館をバレーで使いたい』というお客さんがみえられました。

体育館をみていただき、バレーのネットもみていただきました。

 

じつは・・・一番長く勤務するししょーもバレーで利用したのを

見たことがありません。

そこで、ネットは組み立て可能でバレーができるものなのか?

調査してみることにしました。

お客さんが使用する時になってネットが切れていたとかすぐに切れちゃったとか

ワイヤーを引っ張ったらぬけっちゃったとかないようにです。

 

無事、張ることができました。

ネットポールは2セット、ネットは3枚。

バレーボールの団体にも使ってもらえそうです。

 

ついでに、バトミントンのネットも張ってみました。

こちらもネットポールが2セット、ネットが3枚です。

 

バトミントンのグループにも使ってもらえそうです。

 

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

れいぞうこ ありますっ!

冷蔵庫全体

ども!こばさんです!

 

少年自然の家では団体利用者用の冷蔵庫をお貸ししています。

 

先日、お客さんからお問い合わせ。

「冷蔵庫ありますか?」

「はい、あります。」

「何リットル入ります?」

「仕様書は古いのでありませんが、

最近の家庭用の200リットルの大きな奴より、やや小さめなので

100リットルぐらいだと思います。」

 多分、自分ちの冷蔵庫の容量(リットル)を把握しているから

それと比較して容量を推測したいんだろうなと思いつつ回答。

 

でも実際は内部も凹凸あるし、モノを入れてみないとわからない。

じゃあということで測ってみました。

冷凍室内部

①冷凍室内部です。30×30×30

左側の氷皿や保冷剤をのせている台部分の容量は含みません。

熱中症や打撲などに対応するため、保冷剤がやや多めに入っています。

 

冷蔵室1

②冷蔵室1 W48×H50×D38

卵入れもついております。

扉の外にお名前は

「ザ・スリム」ナショナル冷蔵庫NR262HV-X

と記されています。昭和50年代の製造かなと思います。

 

冷蔵室2

③一番下の冷蔵室2内部です。

W45×H37×D20

裏側の機器スペースをとるため斜めにつくられており、上部は30で最下部は15くらいの奥行になります。

 

以上が少年の家冷蔵庫になります。

少年の家宿泊者に限り開放してます。

 

気が付いた方もいると思いますが、

「医療用の氷等を製造保管することが主な利用」です。

旅館やホテルにある冷蔵庫のように「お客さまのご自由に使えるモノ」ではないですが、利用できないわけではない。

ご不便をおかけいたします。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

 

天気はサイコ―!第2回ししどて学級

夏休みも終わりに近づいている8月17日~19日、第2回ししどて学級を開催しました。

3日間とも天気に恵まれ、2泊3日のキャンプ生活を全力で楽しめました。

今回は、活動拠点が青少年の家です。

受付から入所式と前回とは違った雰囲気の中始まりました。

久しぶりに会ったので、まずは班別ゲームで打ち解けあい、

そして、今回の2泊3日をどんなふうに班で過ごすかビーイングで話し合いました。

活発な意見が飛び交い、参加者の3日間の期待度、意欲が感じられました。

2泊するテントも自分達で協力して建てました。丸火キャンプ場は

各サイトの地面が溶岩なので、ペグを打つのも一苦労。

完成したテントの中は、秘密基地のよう!夜が楽しみ!

3日間の食事は、自分たちで作ります。

食事を作る前に、竹を小刀で削ってMy箸づくりを行いました。

初めての小刀使用でも、扱い方をしっかり覚え、

とても上手に出来上がりました。この箸はお土産にもなります。

食器や食材も整い、いよいよ夕飯づくり。メニューは牛すき丼です。

1日目の夜は「スウェーデントーチ」を囲み班別ボンファイヤーを行いました。

小さな炎を囲み、山の夜の静けさ、夜の深さ、星空のすばらしさを味わいました。

自然の神秘を感じながら、お互いを理解し、友情を深めました。

2日目です。6時起床。1つのテントに5人で寝たので、ムシムシして暑いかも・・・

の心配は必要なく気温は17度前後で、かえって肌寒い位の快適だったようです。

朝のつどいで元気よくラジオ体操、朝食はサンドイッチを食べ、2日目の活動が始まりまりました。

まずは、昼食に食べるハイゼックスを利用した非常食づくりを行いました。

災害時にも活躍できるよう、保存食づくりを体験してもらいました。

ハイゼックスの袋に、米と同量の水を入れ、空気を完全に抜き沸騰したお湯の

中で30分煮立てると出来上がります。

白米は3日間、味付けご飯は2日間、梅干し入り白米は1週間保存ができます。

器もいらずそのまま食せるので、持ち運びも便利で衛生的です。

 今回は味付けご飯に挑戦してもらいました。

昼食づくりが終わったら、いよいよアドベンチャーラリーに出発です。

丸火自然公園内の色々なポイントで、色々な課題に挑戦してもらいました。

ノコギリを使った丸太切りや、溶岩洞窟探検、マシュマロ焼きなど、普段体験できない内容盛りだくさんでした。

昼食のメニューは、アドベンチャーラリー出発前にハイゼックスで作った炊き込みご飯、空揚げ、塩もみきゅうりです。美味しくて甘い、スイカもつきました。

スタンツの出し物を班で話し合った後、

夕食のカレー作りを行いました。

野外炊事も随分慣れてきました。

班で協力して自分たちで、どんどん進めていました。

カレーには富士山コロッケがつきました。

夜は、火の神と火の子の入場から始まり、大盛り上がりのクロージングファイヤーを行いました。

今年もレク担当の生徒や先生が大活躍してくれました。

各班のスタンツ発表あり、火星人が現れたり、高村さんによるチェッコリ―ダンスありと、夜の丸火の動物たちもも「楽しそう~」とのぞきにきていたかもしれません!

3日目。朝からとても気持ちの良い快晴です。

朝のひと仕事は、テント運びと、原始的火おこしをおこないました。

ほとんどの班が煙が出て火種までは作ることができました。

ただ、そこから先がなかなか難しい!

火がおこせないと、朝食がつくれません・・・・

班員全員一致団結して、頑張りました。

10班が火を起こすことができたので、朝食を作ることができました!

朝食のメニューは、豚汁です。3日目ともなると手際がはやい!

飯盒のご飯も焦がすことなく、とっても美味しく炊くことができました。

朝食後は、干しておいたテントを片づけました。

昼食のお弁当を食べたら、3日間をビーイングでふりかえりました。

話はつきず、3日間を充実して過ごしたことが伺えました。

最後に、主担当のジミーからアドベンチャ―ラリーの結果発表を聞いて、

所長ウォーリーから木メダル授与がありました。

とにかく、天候に恵まれました。

3日間ご家庭を離れ、特に4年生は家が恋しくなる子も多数

いましたが、班の皆と励まし合い、協力して無事過ごすことができました。

退所式でのたくましくなったキラキラした表情が印象的です。

<<担当:狩野(ナナ)>>

飯盒くんの使い方だっ!

飯盒

ども!こばさんです!

 

今日は自然の家にピカピカの飯盒くんがやってきました。

キャンプの時のレギュラーメンバーです。

 

なので、ちょっとだけ飯盒くんの説明を。

名前 「兵式はんごう」

能力 「四合炊き」(がんばれば五合)

隠し技「中ふたで米二合を計量できる」

親切 「内側に米二合と四合の炊飯時の水量線がついている」

以上が飯盒くんの説明です。

 

ただし、洗いすぎて米が砕けたり小さくなったりするので水量は一般的な目安です。

●炊飯時のかんどころ

 ・米を洗ってすぐや高い山での炊飯の場合は水量線より多めに水を入れます。

  ※『多め』って?(笑)

  こばさんの場合は洗ってすぐは1cm多めに入れてます。

  あとは吹きこぼれてきたら中をのぞいて火加減調節です。

 

 ・もっと美味しくするには1時間以上お米を水にひたします。

 

 ・最初は「弱火」→「強火」

  ※こばさんの「強火」は飯盒のふたに炎の先端が届くくらいです

  ふきこぼれが始まったら「弱火」

  ※実際には急に火を弱めたりできませんのでこばさんは飯盒の位置を

   少しずらします。

  「弱火」で五分

  火からはずして「さかさ」にして十分蒸らします。

 

  できあがったら開けてすぐににおいをかいでください。

  この瞬間にけむりで目が痛かったり、

  火の粉で服に穴があいたことを忘れます。

  むっちゃええにおいします。口の中が甘くなります。

  もうごはんだけでええんちゃう?ってぐらいの(笑)

  

  さあ、飯盒くんでごはんを食べましょう!おいしいよお!

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

  

ししどて丼どんどんっ!

牛すき丼

ども!こばさんです!

ししどて学級近づいて来ました。

 

第2回目はキャンプ!DA!ホイ!

なので、今日は炊飯実習!

牛すき丼つくりました。

(もう少し肉入ってるといいなとか思いつつ)

レシピとおり美味しく作れました。

 

ししどて学級大変なんですが・・やりがいはありますね。

どんなやりがいって?

うっし、うっし、うししし

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

 

もうすぐししどて学級だね!

テントポール補修

こんにちは。

今日の丸火は、晴れています!気温は29度、湿度は85%です。(8/2 午後1時現在)

 

丸火のスタッフで第2回ししどて学級に向けての準備を進めています。

今日の作業は、テントについての細かい打合せ・ポール、銀マットの整備等を行っています。

(写真は、テントのポールの中にあるのびのびになってしまったヒモを直している様子です)

 

8月の中旬、2泊3日のキャンプ生活。

参加してくれるみんなの気持ちは、どんな風になるだろうと今からわくわくです!

スタッフブログや、フェイスブック投稿で様子をお伝えしていきますので、お楽しみに♪

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

あ~夏休み。

手作り棚

こんにちは。

8月に入りましたね!

今日の丸火は薄曇りですが、太陽の光を気持ちよく感じることができ、気温は29度、湿度は80%です。

(8/1 午後2時現在)

まだまだ暑い日が続きそうですので、熱中症に気を付けてすごしましょう^^*

 

写真は、富士市立少年自然の家入口にある手作りの棚の様子です。

周辺の施設情報、イベント情報、割引券などでいっぱいです!!

森のようちえん

ひときわ目をひく、こちらのチラシをご紹介します。

―――遊びの予定は未定!?
その日出逢ったお友だちと一緒に、1日をどうやって過ごすか自分たちで相談して、富士山の森を遊び尽くす

"非構成のプログラム"です。

もっと詳しく知りたいという方はぜひ、こちらをご覧くださいね^^

まるび☆森のようちえん~子どもだけですごす、とくべつな夏休み~

雑誌

「沢山の利用者のみなさんに、様々な情報をキャッチしてほしい」という想いから、

こんな読み物も用意しています。

富士山関連の情報もありますので、お声がけください♪

 

8月もみなさんのお越しをお待ちしております!

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

おふとん干したゾっ!


ども!こばさんです!

 

丸火の梅雨が開けたかなー

と思ったら、

迷走台風12号(←まだ近海で勢力拡大中)が東から西へ

 

やっと

やっと!

やっと太陽光線です。

やっとふとん干しです。

 

ふかふかになりました!

5枚の厚さが6枚より厚くなってます!

これなら自信をもってお客さんに

使ってもらえます。

 

はやく次のお客さん来ないかなぁ

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

赤とんぼが来たゾっ!

赤とんぼ

ども!こばさんです!

東から西へ移動した変な台風12号が通過しました!

 

オリエンテーリングへ出発する団体を見送っていると

赤とんぼ!やってきました!

 

台風後の青い空・・・(丸火で初めて青空見た気がする)

飛んで来た赤とんぼ

 

秋ですね

秋ですね

秋ですね

 

・・・ん?

まだ8月にもなってませんね。

大暑も終ってません(大暑が終れば立秋なんですが)

 

実は赤とんぼが夏の終わりとか秋の季語になるのは、低い世界の話。

夏の間は高い土地(値段ではない)で暮らし、

秋になったら降りていくそうです。

 

まあ、とりあえず、丸火は涼しいようです。

どうぞ、みなさま涼みにおいで下さい。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

自然の家文庫をご紹介します。

こんにちは。

今日の丸火は、曇りですが晴れ間も見えます。気温は27度、湿度は85%です。(7/29 午前11時現在)

 

昨日までの台風は西日本へと進んでおり、とても心配です。

みなさまのご無事を心よりお祈りいたします。

 

写真は、富士市立少年自然の家の談話室にある「自然の家文庫」です。

このお部屋は利用団体のみなさんに開放している場所で、ちょっとむずかしい専門書から

お子さんが楽しめる本まで、幅広く置いてあります。

富士山のお勉強もできるよ

富士山に詳しい、所員のジミーさんが談話室に富士山関連の本や、掲示物を用意しています。

昔の様子から、今の様子まで学ぶことができるスペースです。

 

ご利用の際は、ぜひ談話室に足をお運びください^^

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

夕べのつどい43年の歴史

夕べのつどいの歴史

こんにちは。

今日の丸火は曇りのち雨のち曇りと変わりやすいお天気。気温は25度、湿度は80%です。(7/26 午後4時現在)

ちょっと涼しく過ごせました。

 

写真は「夕べのつどい」のワンコーナー

【少年自然の家職員さんのお話】準備の様子です。

 

利用者さんの前に立って、

日替わりで所員がさまざまなお話をしておりますが、何度担当してもドキドキします!

 

自然の話、生き物の話、野外炊事の話、施設の使い方などなど…その日いらしている

利用者のみなさんの顔を思い浮かべながらお話の内容を考えています。

(裏紙に手書きでかいています^^*)

 

このコーナーは開所当時から設けられており、43年の歴史があります。

重みを感じながら、皆さんとともに楽しんでお話をいたしますので、お楽しみに♪

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

ハロウィンかぼちゃランタン仕込み中♪

ハロウィン仕込み

こんにちは。

今日の丸火は曇りのち雨で、気温は28度、湿度は90%です。(7/25 午前11時現在)

 

主催事業 ハロウィンかぼちゃランタン作りの準備を行っています。

昨年は応募をたくさんいただいたため、午前と午後に分けて二回開催しました♪

 

今年はどんな会になるのか今からワクワクしています!

(昨年の様子はコチラをご覧ください)

 

写真にうつっている小さな小さなノコギリは、所員の手作りです。

どんな風に使いやすく、安全に、なにより楽しく参加していただこうか作戦会議中…☆

10月の初めごろ申込みをスタートする予定なので、ぜひご参加くださいね^^*

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

 

今日のまるび(発見編)

こんにちは。

毎日の丸火は晴れで日差しが強く、気温30度で湿度は80%でムシムシています。

しかし、窓を開けていると風が吹き抜けていきます。(7/24 11時現在)

 

今日の写真は【発見編】と題してみました。

ころころレールとは…こちらのブログをぜひ、ご覧下さい。

 

子どもたちに大人気なので、あっという間に転がす球がふにゃふにゃになってきます!

(湿気のせいもあるかもしれません^^)

 

ある日見に行ってみると、木の実(ひのきの実)が仲間入りしていたのでインタビューしてみました。

 

所員(でわちゃん):「これ、どうしたの?」

小学生:「ひろってきたよ!転がるよ!面白いねうひゃひゃひゃひゃ!」と楽しそうです。

 

公園内をオリエンテーリングで回ってきた時にひろったそうです。

与えられたものではなく、自分たちで遊びを見つける力を感じますね♪

 

みなさんもぜひ、発見をしにいらしてください。

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

 

 

ミニチュアな富士山みつけた!

富士山折り

こんにちは。

今日の丸火は曇りで、気温は26度で涼しいです(7/21 午後1時現在)

湿度が95%と高いので、夏でも冬でも除湿器がフル回転しています!

(リネン室や工作室など)

 

お布団にカビがはえないように、団体利用の隙間をねらってお布団を干しています。

干し終わったお布団はふわっふわ!ふっかふか!で気持ち良いです♪

 

写真は「富士山折り」です。

施設内のお手洗いのトイレットペーパーが、ちょっとオシャレにみえます^^*

折り方は、お手洗いに掲示してありますのでぜひ、ご覧になってくださいね。

覚えて帰って、おうちでやってみたら…どうなるかな?

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

丸火のお休み処。

医務室の中

こんにちは。

今日の丸火の様子をお伝えします。曇りのち晴れ。気温は29度で湿度が高いです。(7/20 午後1時現在)

 

写真は医務室のベッドで、ふたつあります。

風が吹き抜けてとても、気持ちがいい場所です(エアコンも完備!)

主に具合が悪くなってしまった子どもたちに、使ってもらっています。

 

 

暑い日が続いていますので、無理せずこまめな水分補給をして

熱中症に気をつけましょう。

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

宝永山行ってきましたっ!

宝永火口馬の背から富士宮口八合目方向
宝永火口入口から宝永山頂

ども!こばさんです!

 

少年自然の家の主催行事『ししどて学級』では第3回の行事として

子どもたち百数十人を連れて宝永登山を予定しています。

 

なので、今日は宝永登山の下見です。

 

今日は偶然にも小学4年5年の団体とスタートから

ごいっしょ!

タイムを見たり、行動や反応を見させていただきました。

たくさんの子どもたちの素直な感想を傍で聞くことが

できました。(良い感想ばかりではないです 笑)

 

他にも小学生の団体がいましたが、登山指導者がついており

宝永火口中心から馬の背の急登をこばさんと抜きつ抜かれつ、

ほぼ同じスピードで登ってました。

こばさんも指導を受けたいくらいです。

 

これでまた一歩ししどて学級に近づきました。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

山の天気とぶんぶんぜみ。

ぶんぶんぜみ

こんにちは。

今日の丸火は、曇りで気温は23度です。(7/12 10時現在)

よくあるお問合せで

「丸火のお天気はどうですか?」という声を多くいただきますのでご案内します^^

こちらのお天気は、山の天気でコロコロ変わります。

このブログを書いている数分間で雨が降り、晴れて、雨が降りまた晴れました。

そんな自然と楽しく活動していただけたらいいなあと思います♪

 

写真は、雨プログラムの「ぶんぶんぜみ」です。

子ども達は竹を4センチ幅くらいに切る所から体験しています!

どんな音が鳴るのか…ぶんぶん?みーんみん?

気になった方は、ぜひ事務所に遊びにいらしてくださいね。

 

プログラムの実施についても、ぜひお問合せください。お待ちしております^^*

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

すっげ!すっげ!!(子ども達の声)

こんにちは。

今日の丸火は曇り時々晴れ、気温は26度です。(7/11 午前11時現在)

子ども達は、元気に活動に出かけていきました。

 

写真は富士市立少年自然の家、入ってすぐのところにある

「昆虫コーナー」です。

最近、カブトムシとミヤマクワガタの仲間が増えました。

 

子ども達は「なに!!ミヤマクワガタ!これはやっべ!すっげ!すっげ!!」と大興奮です♪

 

ご家族連れで、遊びに来てくれる方も増えてきました。

事務所の窓から「こんにちはー!ねぇー!ねぇー!これ見て!」と虫かごを持ってきてくれる子がいます。

いつも見せに来てくれてありがとうね^^*

丸火スタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしております。

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

しゅっとしたのできましたっ!

ども!こばさんです!

 

利用者のみなさんに主に雨天時プロとして大人気?の

「紙バンドかご」!!!

雨が降って晴天プログラム不可能のときのため、

こばさん他所員で材料をこつこつカットしておきます。

 

でも今回カットした紙バンド幅は12本だったのでいつもの16本よりスリム。

同じ作り方ではだめそうです。

とりあえず、ためしに本数と長さを変えて

つくってみました。(左が12本、右が16本)

結果、なんかしゅっとしたのできました。

結果オーライです。

 

さあ、これのマニュアルもつくっちゃお。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

備品の点検をしています♪

備品点検

こんにちは。

全国各地では、大雨により不安が広がっていますね。

丸火は濃霧ですが、子どもたちは元気に活動しています。

 

今日は主催事業でつかうマジックの点検をし、快適につかえるようにしるしをつけました。

 

丸火の施設内も、入所する皆さんが無事で過ごせるように見回りや点検を欠かさず行っています。

施設担当の所員(あだ名は師匠)から

教わったことは「古いものも、大切に使えば長持ちしてくれること」です。

 

みんなで大事にしている施設「富士市立少年自然の家」

 

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

布団干してますっ!

布団と少年の家

ども!こばさんです!

 

「ししょー」が子どもたちに認知度が高いと同時に

最初から偉い印象を受けるキャンプネームなのを

うらやましく思っています。

すきがあったら偉そうな印象で

こどもにわかりやすいキャンプネームに

替えたいと思います。

 

今日はいつ以来か忘れるくらい久しぶりの晴天(とは言っても曇り時々晴れ)なので

布団干し。

92組の布団を干しました。

でも、まだ半分くらい残っています。

晴れの日を待ってがんばろう!

 

干したら、たたんでしまう。

「片付けまでが1ターン」とは言うけど

たいへんたいへん。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

富士山登山ルート3776ガイドマップに丸火掲載♪

こんにちは。キャンプ場担当のでわちゃんです!

今日の丸火は薄曇りですが、太陽の光が行き渡っていて、気温も27度と高めです。(7/1 午前10時現在)

 

7月に入り、登山を計画されている方も多いのではないでしょうか?

 

富士市では「富士山登山ルート3776ガイドマップ」が改正されました!

その中に1日目の休憩ポイントに「丸火自然公園グリーンキャンプ場」を掲載いただいています。

 

一区画510円ととってもリーズナブル!当日予約もOKな丸火のキャンプ場をぜひ!ご活用くださいね^^*

おまちしております!!

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

まるび昆虫コーナー

丸火昆虫コーナー写真

こんにちは。ここ4日ほど丸火は濃い霧に包まれています。

湿度が高くて、お肌がたいへんうるおって、乾燥知らずな毎日です。

子ども達は「霧が濃いのもまたいい感じだよね!」と丸火の名物「濃霧」を楽しみながら活動しています!

 

写真は、富士市立少年自然の家の玄関入ってすぐのところにある昆虫コーナーです。

丸火の昆虫コーナーは〝触ることができる"のが特徴です。

ジャコウアゲハの卵は、取り出して顕微鏡でみることができます!

 

ぜひ、遊びにいらしてください♪

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

第1回ししどて学級を開催しました

第43回ししどて学級が始まりました。全5回のスタートです。

第1回目のテーマは「仲間づくり・丸火の自然」です。

1年間お世話になる講師の先生方とあいさつを交わしたあと、アイスブレイクやチームビルディングを行い、

あっという間にみんな仲良しになりました。

午後は、丸火の自然観察会です。

富士自然観察の会の方々が講師をして下さり、丸火にある植物を紹介していただきました。

外は雨がひどかったので、室内で、丸火の植物使った自然遊びを行いました。

「アレチハナガサ」を使ってやじろべい、「クロモジ」の葉で草笛に挑戦。

「アオキ」の葉っぱで名刺作りを行った後、名刺交換。「タマアジサイ」の葉でパッチン音だし。

どれも夢中で遊びました!

夕食後は、1年間活用する、「班旗」づくりと「ビーイング」を行いました。

「班旗」は班で話し合って自分たちの象徴となる動物を決めて、描きます。どの班も素敵に仕上がりました。

「ビーイング」では、一年間安心して活動できる班の目標をたて、それにむけてひとりひとりが、

どんな行動をすればよいか、話し合いあいました。

どの班も班長中心に真剣に話し合っている姿が見られました。

2日目も朝から雨だったので、清掃活動を行った後の朝のつどいは研修室で行いました。

ラジオ体操の音楽は「沖縄弁」を流しました。同じ日本なのにこんなに言葉が違うことに驚きつつ、

曲は一緒なので、元気に体操しました。

少年自然の家の歌「ぼくらの広場」も歌いました。4年生は初めて聞く音楽だと思いますが、

上級生の元気な声につられて、大きな口で歌うことができていました。

雨が小雨になってきたので、カッパを着て、アドベンチャーオリエンテーリングに出発しました。

地図とコンパスを使って、公園内に設置してある移動コントロールを目指します。

途中、チャレンジポイントでは、「爆弾処理」というゲームを体験してもらいました。

班で知恵を出し合い協力が必要なゲームです。どの班も、色々策を練って、かなり盛り上がっていました。

最後に二日間をビーイングでふりかえり、今後の課題を話し合いました。

2日間、一緒に色々な活動を行うことで、初めて出会ったとは思えないほど、皆絆が深まっていました。

次回はキャンプで、2泊3日のテント生活となります。

ワクワクすること、いっぱいです。元気にみんなと会えることを、楽しみにしております。

<<担当:狩野(ナナ)> >

 

 

 

まちづくり課の研修を行いました。

まちづくりセンター研修

 今日の丸火では昨年に引き続き「まちづくり課職員研修」が行われました。

富士市では、各地区にまちづくりセンター(通称:まちセン)があり、そこが主催するサマーキャンプや、

青少年育成事業が数多く開かれています。

 

 まちづくりセンターで事業を担当する若手を中心とした職員に対し、野外活動をする上で

知っておくべき知識・技術を学ぶ研修会を、少年自然の家職員(大武・髙橋・小林・土屋)が担当しました。

 

 アイスブレイクゲーム、野外炊事のカレー作り、リスクマネジメント講習まで内容盛りだくさんです。

 

 掲載写真は、

各まちづくりセンターの救急セットの中身を実際に持ってきていただいてチェックしている様子です。

 

「実践してわかることがたくさんありますね~!!」

「夏のキャンプに向けて、さらに準備を進めたいと思います!」など、それぞれの感想を最後に共有しました。

 

 

 今回の研修を機に、富士市役所職員が丸火自然公園、少年自然の家をもっと知り、

ここがさらに青少年教育活動の拠点として、活用されることを願っています。

 

 これからも、各まちセンと連携していきたいと思います。

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

まるびの裏ワザ公開!

ヘルメットかけかたのコツ!

こんにちは!でわちゃんです。

今日の丸火の気温は21度(6/19 午前10時現在)お天気は曇りですが太陽の光を肌で感じることができます。

外で活動をするには、ちょうどいい感じです♪

 

 

写真は、各部屋に設置されている防災用ヘルメットで、普段は沢登りに行くときに身につけます。

使わないときの収納は壁掛けになっていますが、

学校の先生から「すぐに下に落ちちゃいます!何かコツはありますか?」と問い合わせがありました。

すぐに所員のこばさんが掲示物を作成!「ヘルメットのかけ方のコツ」を紹介しています。

 

ご利用の際にはぜひ、ご覧下さい♪

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

利用団体指導者研修会を行いました!

こんにちは。

丸火の気温は、朝14度、現在は(6/17 午後2時)20度で温度変化が激しい一日になりました。

夕方には気温が朝なみに下がりそうです。

 

本日は「利用団体指導者研修会」を行いました。

平成30年度に施設を利用する団体、及び28・29年度に利用した団体の指導者のみなさまを対象とした事業です。

施設の利用についての研修や、活動プログラムの研修など、内容盛りだくさんでした。

 

写真は、活動プログラムの中にある「沢登り」です。

実際、指導者の方に体験(チャレンジ)していただきました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございます!

ご利用をお待ちしております。

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

今日のまるび

こんにちは!でわちゃんです。今日の丸火の様子をお伝えします^^

地元の学校のみんなが元気に活動していて、とても賑やかです!

丸火自然公園のオリエンテーリングコースに、小中学生がかけていく様子を毎日見守っています。

 

写真は「移動式コントロール」です。

森の中には固定されたコントロールもありますが、利用団体によっては移動式を使う場合もあります。

 

すぐにキレイな状態で貸出せるように、また、答え合わせがすぐにできるように整備をしました!

貸出しの要望や、コースの利用など、お気軽にお問合せください♪

 

富士市立少年自然の家 伝統の主催事業「オリエンテーリングを楽しもう!」

昨年度の様子はこちらをご覧ください。今年は10月21日(日)に開催予定です。

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

なんかみつけたっ!

あやしいきのこ

ども!こばさんです!

 

小学校のOL(女性事務員ではありません)準備のため、

公園内を歩くと・・・

 

見つけました!

葉っぱも茎も見当たらない。

これはキノコ?

 

シショウに聞くと「ギンリョウソウ(銀竜草)」

たしかに銀の竜みたいです。

別名ユウレイタケ キノコみたいな別名

ツツジ科 被子植物 

 

丸火には色んな生物がいてみなさんをお待ちしています。

どうぞみなさま静かにお越しください。

 

〈〈担当:小林(コバさん)〉〉

 

 

丸火の手作り「コンパネテーブル」

こんにちは!でわちゃんです。

6月に入り梅雨に入りましたが、みなさまいかがお過ごしですか?

 

今日は、丸火自然公園東グリーンキャンプ場の炊飯棟に新しくできあがりました

「コンパネテーブル」をご紹介します。

写真の通り水道のところにテーブルが設置されたのですが…実は所員のこばさん作です!

 

以前は、水道とかまどのみで、何もありませんでした。

利用者のみなさんからの「テーブルみたいなのがあるといいなぁ」のリクエストにお応えして

こばさんが3日ほどで作ってくれました。

 

こだわったところを聴いてみました。↓

 

「板を分割して、いろんな使い方ができるように工夫したところです」と照れ気味にこたえてくれました。

 

全部の板を敷いてテーブルにするもよし、何枚かで隙間を作って並べて炊事に便利にするもよし…。

利用者のみなさんで自由に動かしてお使いください。

 

使用した際は事務所まで感想をいただけると嬉しいです^^

 

いろいろな特技を持った所員がいるのが、丸火の特徴の一つです。

ぜひ、お気軽にお声掛けください。

意外な言葉が返ってくるかも知れません。

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

 

 

集合!写真とりますっ!

集合写真とります

ども!こばさんです!

毎日、いろんな中学校さんが来所します。

 

今日は「先生も全員写りたい!」リクエストにお答えして、

所長自ら中学校の全体写真を撮ります。

 

所員一同、ご来所の皆様のいろんなリクエストにできるだけ

応えていき、たくさんの思い出作りのお手伝いをしたいと

思っています。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

丸火をあるこう♪

ヘビイチゴ

こんにちは。でわちゃんです!

今日の丸火は曇り時々晴れで、現在の気温は20度(5/26 16:30)

すごく過ごしやすい気候です。

 

事務所に、お子様連れのご家族もいらっしゃいましたよ^^*

「ねーねー!これ見て!!」とヤゴの大きな抜け殻を見せに来てくれました。また来てね。

 

公園にプログラムの下見に行ってきました。

写真は【ヘビイチゴの実】

今日も赤い実をたくさん見つけました。

美味しそうな色ですが、味はほとんどなく、水分を多く含んだ実です。

丸火の森

自然観察をしながら

丸火自然公園の中をゆっくりゆっくり…進んでいきます♪

途中、アスレチックも設置されています!

(またお天気がピカーンといい日に撮影してきますね)

ねころがりたくなる

写真のような場所もあり、シートを敷いてゴロンと寝転がりたくなります。

みなさんもぜひ、遊びにいらしてくださいね。

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

赤い実発見しました♪

モミジイチゴ

こんにちは!でわちゃんです。

今日の丸火は変わりやすいお天気でしたが、午後は曇り時々、太陽でした^^*

新しいプログラムの下見に、外へでてきました。木漏れ日がきもちいいです。

 

写真は「モミジイチゴ」

朱色の実を見つけ、美味しそうなのでとって食べようかな?!と思いましたが、

丸火の森から

”食べちゃダメ!大事にしてね”という鳥の声や風の音がして、そっと写真を撮りました。

 

自然からメッセージを受け取るってこうゆうことなのかなと、感じたのでした。

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

2018年度 所報ふじ 新しくなりました!

2018年度所報ふじ完成

みなさん、こんにちは。所員のでわちゃんです!

日中は暑くなったり、朝晩は肌寒かったりしますが、丸火の現在の気温は19℃(5/20 15:00)

春から夏へと季節が移り変わっています。おうちのお洋服の衣替えをしなくては。

 

今日はみなさんにお知らせです。

富士市立少年自然の家のイベント情報や、利用料金など情報盛りだくさんな

「2018年度 所報ふじ」が新しくなりました!出来立てほやほやです~。

 

富士市立少年自然の家窓口や、丸火自然公園の中にも置いていますので、ぜひご覧くださいませ!

ダウンロードもできます→こちらから

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

クラフトの準備中です!

竹箸のクラフト準備

こんにちは!

丸火のお天気は良好で、中学生のみなさんが元気に出かけていきました♪

 

今日の事務所には”シャーシャシャシャー!”とリズミカルな音が流れています。

師匠(所員)がクラフト制作「竹箸作り」の準備を進めているようです^^*

竹を使ったクラフトは、竹とんぼ・箸・うぐいす笛・ぶんぶんゼミなど様々です。

ご利用については、ぜひお問合せください!

担当<<土屋(でわちゃん)>>

てるちぇる来ましたっ!

照山てるちぇる富士中

ども!こばさんです。

 

少年自然の家も5月になり、各中学校が来てくれてます。

今日来所の中学校は晴れになるように

彼を連れて来てくれました。

 

結果、見事晴天です。

 

彼の名前は『照瑠山てるちぇる』

実行委員の生徒さんが飾り付けして名付けてくれました。

来所期間中、晴天にするのが彼の仕事。

 

所員一同、彼の仕事がうまくいくのを祈ってます。

 

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

ジャコウアゲハが羽化しました!!

本日宿泊団体の中学校の生徒さんが、発見してくれました!

展示してあった虫かごの中の、ジャコウアゲハの蛹が、

なんと羽化したのです!!!

実は、この蛹、過去のブログをたどってみたところ、

昨年7月下旬に車に引かれそうになっていて所員が救出してきた

幼虫で、8月に蛹になったものです。

蛹からなかなか成虫にならず、冬がきてしまい、

もう死んでしまったのかと思っていました。

本当に驚きました。とっても嬉しいです!!

まだ羽は閉じたままなので、明日虫かごから自然に返そうと

思います。元気に飛び回ってくれる事を祈ります。

<<担当:狩野(ナナ)>>

 

越前岳登山 越前岳に登ってきました!

こんにちは、ジミーです。

 

先日十里木登山口より愛鷹山の越前岳に登ってきました。

 

市内の中学校での活動プログラムでもよく利用があるので、

団体指導者の方の参考用に今回の情報をブログします。

 

団体を想定して、ゆっくりモードでのコースタイムですので

ご参考までに。

 

 

★十里木高原登山口駐車場

駐車場台数:35台分

トイレ:男性→小2、個室1 

    女性→個室2

    車いす用→個室1(洗面所個室内に有)

水道:外に1つ

★標高

・少年自然の家550m

・十里木駐車場880m⇒展望台960m⇒馬ノ背見晴台⇒1100m⇒越前岳1507m

 

 

★コースタイム(ゆっくり)

・少年自然の家⇒十里木高原駐車場:普通車で15分

 

・登り:2時間30分(トータル2時間活動、30分休憩)

 駐車場⇒15分⇒展望台⇒12分⇒第2展望台⇒10分⇒

 馬ノ背見晴台⇒40分⇒平坦地⇒32分⇒勢子辻分岐⇒

 10分⇒越前岳

 

・下り:1時間40分(トータル1時間28分活動、12分休憩)

 越前岳⇒5分⇒勢子辻分岐⇒23分⇒平坦地⇒32分⇒

 馬ノ背見晴台⇒15分⇒展望台⇒13分⇒駐車場

 

 

★道の様子

 登山道は駐車場から展望台までは丸太階段の自然道。

 展望台から馬ノ背見晴台は緩やかな自然道。

 馬ノ背見晴台から山頂までは幅が狭くなり、

 勾配も大きくなる。所々に自然道に溶岩も露出。

 

 

★休憩場所

・展望台

 草原なので多くの人数で休憩可能

 

・馬ノ背見晴台

 新しい机&椅子(各2)、古い机&椅子(各3)

 2~3クラス程度休憩可能

 

・平坦地

 1クラス休憩可能

 

・越前岳山頂

 1~2クラス程度休憩可能

 

山頂付近はブナやヒメシャラの樹が見られました。

 

また4月下旬でしたが、マメザクラ、ミツバツツジが開花していました。

登るに連れて、平坦地の休憩場辺りから少年自然の家の白い建物が見つけられ、山頂まで登るモチベーションとなりました。

また富士ひのきの人工林の緑の森の中で、丸火自然公園の広葉樹の黄緑が映えていました。

 

丸火自然公園のベースは平安時代に富士山噴火で流れ出た大淵丸尾溶岩流。

富士山中腹から流出した軌跡をイメージを膨らませて、何となく伺えることができました。

 

平日でしたが、20人ぐらいの登山者の方とご挨拶ができました。

登山道の補修をしていただいてる方もいらっしゃいました。感謝申し上げます。

 

<<津田和英(ジミー)>>

公園見どころ情報

丸火自然公園内には、たくさんの貴重な植物があります。

春は植物の移り変わりが目まぐるしいです。

写真は「クマガイソウ」です。クマガイソウは群生して咲いています。

花や葉も大きく、見どころいっぱいです!!

ゴールデンウィーク前半までは、見ることができると思います。

公園内のどこにあるか、ぜひ探しに来てくださいね。

<<担当:狩野(ナナ)>>

少年自然の家周辺の植物達

少年自然の家周辺の植物を紹介します。

上の写真は、「シャガ」です。とても可憐に咲いています。

花びらの模様がとても不思議な気分にさせてくれます。

下の写真は、「ハナイカダ」です。葉っぱの真ん中に花が咲きます。

今はまだつぼみですが、初めてこの植物を見た時、

葉っぱの真ん中に花?!とても驚きました。

少年自然の家玄関には、自動販売機が設置されておりますので、

丸火公園に来て、飲み物を買うついでに、ぜひ寄って観察して下さいね!

<<担当:狩野(ナナ)>>

 

 

 

春の家族自然のつどいにむけて実習をしました♪

春の食べられる野草

4月22日に開催される春の家族自然のつどいに向けて「てんぷら実習」をしました。

春に食べられる野草はこんなにあります!

てんぷらをあげています

かまどで火をおこし、今日はフライパンを使っててんぷらをあげました。

カリッとあがるまで、あげて食べてみる、あげて食べてみるの繰り返しです^^

てんぷらのできあがり!

とても美味しくできあがりました。

22日、当日の様子はまた後日お伝えしますね♪

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

丸火の仲間が起きましたっ!

春のやまかがし
ニリンソウ

ども!こばさんです!

 

前回のヤマアカガエルさんに続いて、起きてきました。

この人!ヤマカガシさん。

鮮やかな黄色からオレンジへのグラデーションの下地の

上に黒い菱形斑点。

臆病な方でするする逃げますが、調子に乗っていじめたりすると

毒のある牙で反撃されるという話です。

 

いよいよ春本番です。丸火の春っていいなあと思う今日この頃です。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

桜の開花状況を報告します(パートⅡ)

マメザクラ(フジザクラ)の花は散り始めてしまいましたが、

現在ヤマザクラが見ごろを迎えています。中央広場駐車場から北に

続く桜並木の、ソメイヨシノだと思っていた桜はヤマザクラのようです。

桜は色々な種類があり、品種名を同定するのは難しいですね・・・

写真のように八重咲きの桜や、オオシマザクラも満開です。

桜並木を北駐車場に向かって歩いていくと、まだまだ見ごろの桜があります。

丸火公園は標高差が150mもあるので、順に下から咲いていき、

長く桜を楽しめるのも魅力です。

<<担当:狩野(ナナ)>>

 

丸火の春を探検してみよう♪

こんにちは。でわちゃんです。

春の家族自然のつどいにむけて、丸火公園の自然観察をしました。

左の写真は「ニリンソウ」右は「ヤブレガサ」です。

丸火の植物たちは、すごく透き通っていて、目線を落としてじっと観察すると心がおだやか~になります。

みなさんもぜひ、少年自然の家、丸火公園に遊びにいらしてくださいね^^

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

新プログラム「紙バンドコースター」実施しました

春休み中、スポーツ団体のご利用が続きました。

そこで、新プログラム「紙バンドコースター」を初実施しました。

枠は全員同じ色ですが、編みひもは各自で希望の色を一色づつ選んでもらいました。

すると、お友達と半分交換して、なんと写真のような市松模様の

作品が仕上がりました。アイデアが素敵です!!

準備片づけ含め1時間30分プログラムです。

ぜひ、体験してみてくださいね。

<<担当:狩野(ナナ)>>

側溝の落ち葉とりましたっ!

側溝からヤマアカガエル

ども!こばさんです。

 

春が近づき、自然の家もシーズンのお客さんを

迎える準備です。 

自然の家北側の側溝に冬の間溜まっていた落ち葉を

取り除いてみたら・・・

 

ヤマアカガエルさんが起きてきました。

『冬眠してたのに起こしてしまったっ!』と思ったのですが、

 

まあ、マメザクラ前線も少年の家を通過して、

中央広場までたどり着いたので、

彼にも起きてもらいましょう。

 

また一歩春が近づきました。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

サクラの開花状況をご報告します

丸火自然公園はここのところ天気の良い暖かい日が続いております。

今、マメザクラ(別名フジザクラ)が満開です。

全体が小型で、若木でも花をつけるのが特徴です。

写真のように下(地面)を向いて花が咲くので、

下から見上げると、花の中が良く見えて、とてもきれいです。

公園内のあちこちで見ることができます。

ぜひ足をお運び下さい。

桜並木のソメイヨシノは、もう少し先かな・・・・

<<担当:狩野(ナナ)>>

春近づきましたっ!

意外に早いミツバツツジ
ミツバツツジ
掲揚棒横シナレンギョウ
シナレンギョウ
研修棟下ミツマタ
ミツマタ
少年自然の家裏キブシ
キブシ

富士の市街地では桜が咲いてすっかり春らしくなっていますが、

ここ丸火の少年自然の家は標高500m。

昨日ようやくこちらにも春がたどりつきました

 

自然の家周辺(標高500m)ではマメザクラがようやく満開ですが、

中央広場の桜並木(標高600m)ではソメイヨシノがまだつぼみで待機中です。

中央広場まで春がたどりつくのはもう少しかかりそうですね。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

 

 

丸火の手作りたち♪(玄関編)

たなやんの手作り棚

こんにちは!でわちゃんです♪

 

富士市立自然の家の気温がぐんぐんと上がってきました!

穏やかな日が続き、ポカポカ陽気です^^

 

 今日は、丸火の玄関先にある、スタッフの手作りを紹介します。

最初の写真は【たなやんによる、手作り棚】です。

棚の上には、周辺の観光マップや、施設のパンフレットなど並んでいます。

丸火にお越しの際はじっくりご覧になってください!

お次は、【メイによる、丸火ノート♪】

玄関入ってすぐのまあるいテーブルに置いておる可愛らしいノートです^^

開いてみると、さっそくスタッフ紹介があります。

このノートはスタッフと利用者のみなさんのコミュニケーションのツールとして、

そして利用者同士の会話も増えたらいいな♪と作成されました。

作られた当時のブログはこちら(書きに来て!丸火ノート)

利用者のみなさんからのコメントに、スタッフも答えていくので、ぜひ書いていってください♪

師匠の手作りの飾り

しめくくりに【師匠の手作りのウェルカムボード】

玄関入って右側にあります。

どこかのカフェの入口みたい~!

師匠は書道の師範なのです^^

お花や飾りと一緒に、とってもオシャレです!

師匠の文字、実は丸火で行われているイベントの看板にも書かれているんですよ。

今度、手作り看板にも注目してみてくださいね♪

 

今回は、丸火の手作りたち(玄関編)と題してお送りしましたが、

他にも手作り作品がたくさんありますので、これからも紹介していきますね!

 

丸火は、様々な特技を持ったスタッフが揃っています。

話しかけてみると思いがけない発見があるかも知れません。

お気軽に、お声掛けください^^

みなさんのお越しを、お待ちしております!

 

<<担当:土屋(でわちゃん)>>

 

 

案内看板設置しましたっ!

ども!こばさんです。

丸火公園内に案内看板が設置されました。

 

実は・・・ただの看板じゃありません。

 

なんと!

看板の内容を季節や必要に応じて入れ替えることが

できます。

 

これからはタイムリーに丸火のイベントなどを

お知らせしていきます。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

 

 

溶岩標式露頭をきれいにしましたっ!

南駐車場溶岩草取り前

ども!こばさんです。

 

丸火の南駐車場では溶岩を観察できるところが

あります。

 

今日はジミーさんの提案で

標式露頭の溶岩がよく見えるように潅木や枯れ草を

取り除きます。

 

作業をしながらよくみると

一枚岩の溶岩だと思っていたら

各所に割れ目があり、

別の赤い崩れやすい溶岩が上のほうにあります。

南駐車場溶岩南草取り後

 

岩肌に張り付くように生えている小さい木を

取り除く作業をしながら、

『溶岩は良く見えるようになるけど、

岩肌とかワレメにやっと生えた苔を

とってしまうのはちょっと残念』

と思ったりもします。

 

とにかくきれいになりました。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

 

 

所員の防災研修やりましたっ!

放水訓練・真剣な所員

ども!こばさんです。

 

昨日ですが、

職員研修で防災について学びました。

 

富士山が近いので噴火の歴史や地質から噴火の傾向を学んで備えます。

 

写真は消火栓の放水訓練です。

 やや細めのホースで取り扱いを学びました。

でも通水すると反動がすごいです。

 

災害は起きないことがベスト。

でも人の意思とは関係なく起きます。

起きた時にどんな行動をとるべきか、

どれが最優先か

利用者の方たちの安全のため

日ごろから考えていたいと思います。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

 

 

 

炊飯実習でカレーつくりましたっ!

カレースパイス混合

 

ども!こばさんです。

 

本日は新人職員二人(でわちゃん・こばさん)のため、

たなやんに炊飯実習してもらってます。

 

 

直火カレー

 

これから来所予定のたくさんの小中学生に指導ができるように学びます。

 

火を使う時の注意、

刃物を使う時の注意。

新聞紙の使い方、

薪の並べ方、

火のつけ方。

あと、直火で鍋を使う時にコーティングをしておく方法。

(写真ではコーティングやや失敗らしいです)

 

 

スパイスカレー煮込み前
スパイスカレー煮込み前

 

 

 

 

ただ火を燃やすだけではもったいないので 

「師匠直伝のスパイスカレー」をたなやんが慎重かつ大胆に調合して

いただきました。

おいしかったです。

 

 

 

<<担当:小林(こばさん)>>

丸火のころころ家族をご紹介します♪

こんにちは!でわちゃんです。

 

今日は少年自然の家の玄関入ってすぐにある【ころころレール】をご紹介します♪

 

右の写真のような「たま」を上から転がして、遊びます^^ 

 

ちなみに、本日4人家族が仲間入りしました!!

 

左から*キッド⇒ころりん⇒お母さん⇒お父さん*スタッフのメイさんが名づけ親です。

 

さっそく、遊んでみましょう~!上からこんな風にたまを転がします。

 

手を放してコロコロコロコロ~♪

 

転がる様子はこちらから見ることができます☆↓

 

富士市立少年自然の家フェイスブック

ころころ家族ともども

みなさんのお越しを心よりお待ちしています!

 

<担当:土屋(でわちゃん)>

公園内の遊具を点検しましたっ!

ども!こばさんです。

暦の上では雨水を過ぎて啓蟄。

なので地中の虫たちも動き出すころだと思いますが、

 

丸火は雨と霧の中です。

 

でも春も近いので丸火自然公園内のアスレチックコースの遊具点検を行いました。

専門の業者さんと所員が全部の遊具を点検します。

 

安全に使ってもらうのが目的です。

今年も誰も大怪我しませんように。

 

〈〈担当:小林(こばさん)〉〉

新しいクラフトをつくりました!

紙バンドコースター

丸火では、暖かな陽気が続きました。

今日はナナさん指導のもと新しいクラフトができました!

その名も【紙バンドコースター】です。

少年自然の家では、団体様向けにクラフト指導を行っています。

ご利用の際には、お気軽にご相談ください。

<<小林・土屋(こばさん・でわちゃん)>>

煌めく冬の星座を観察しました!

第3回、第4回丸火☆星座観察会を開催しました。

今回のテーマは、「冬の星座を見つけよう!」です。

初めに、「たなやん」による手遊びで、心も体も温まりました。

続いて、ナナによるパワポを使った星座学習をおこないました。

本日見える星座たちの紹介や、探し方のポイントをお話ししました。

その星座たちにまつわるギリシャ神話を

たなやん、メイ、でわちゃんによる、おなじみ「丸火劇場」で

親しんでもらいました。

 

その後、少年自然の家の屋上にあがり、夜空を観望しました。

大型望遠鏡で、オリオン大星雲、月のクレーターをみて、

肉眼との見え方の違いの神秘さを感じ取ってもらいました。

反射望遠鏡では、北斗七星の二重星とすばるを観察し、

これもまた肉眼ではわからない天体の姿を紹介しました。

西側屋上では、ナナによる星空案内と双眼鏡での観察を自由に楽しみました。

寝っころがれるスペースも用意し、

普段とはちがった雰囲気で夜空を眺める体験コーナーも楽しみました。

さて、今回新たな試みとして、スタードームを作り「自作プラネタリウム」を用意しました。たなやん中心に所員で竹を使って枠を作成し、カバーや暗幕をかけて、中に星空上映機を設置してミニプラネタリウムとしました。

子ども達に限らず大人にも大人気で、入れ替わり立ち代わり、中に入って楽しんでいただきました。

会の最後に、構造も披露しました。実はこれ、曇天や雨天の時、

参加者に少しでも星空を眺める体験をしてもらおうと、

試行錯誤した大作です。喜んでいただけてうれしかったです。

今回、2日間とも晴れて、美しい夜空を観望でき、

本当に良かったです。この美しい星空がいつまでも見ることができるよう、

自然を大切にする心を忘れないでいてもらいたいです。

<<担当:狩野(ナナ)>>

 

丸火で星座を満喫の2日間!!

氷点下続きの丸火で、今年も、1泊2日の星座教室を開催しました。

毎年募集人員を大幅に上回る応募がある人気講座です。

富士市内の小学校の、小学4年生から6年生対象です。

まずは、初めましてで緊張をほぐすアイスブレイクからスタートです。

ジミーの明るい進行の元、あっという間にお互い打ち解けあっていました。

 

次の活動は、星座盤づくりです。

自分で作る手作り星座盤は、一生の宝物となるでしょう。

悪戦苦闘している下級生を、優しく手伝ってあげる上級生の微笑ましい

姿もたくさん見られました。

夕べのつどいでは、講師の先生が草笛で「キラキラ星」を演奏して下さいました。

夕食は、寒いので食堂スタッフが特別メニューでうどんを準備して下さり、

皆とてもうれしそうです。

夜は、いよいよメインの星座観察です。

屋上に上がる前に、星座についての事前学習をナナ進行のもと行いました。

講師の先生方による、ギリシャ神話劇で知識も深まりました。

屋上では望遠鏡や双眼鏡を使って、天体観察を行いました。

天気も良く、気温は低いけど澄んだ空気の中、少年自然の家から見る

夜空は、とても神秘的でした。冬の星座の1等星は光輝いています。

寝っころがって夜空を見るコーナーも大人気で、寒さなんてすっかり

忘れているようでした。

肉眼では観察が難しい、月のクレーター、オリオン大星雲や、スバルに

感動の声が上がっていました。

 

2日目は、朝の5時30分に起きて、前日の夜には見えなかった、

春の星座や惑星の木星を観察しました。

希望者と伝えたのですが、ほとんどの児童が参加してくれました。

朝のつどいでは、早起きのおかげで、元気にラジオ体操できました!

朝食も特別メニュー、暖かい豚汁いただきました。

 

2日目のメイン活動は、丸火の公園内をめいっぱい利用して、

アドベンチャーラリー「マルビと伝説の森」を楽しみました。

ディズニー映画「モアナと伝説の海」

(星を目印に航海する航海術を使って、海を旅するお話)をもとに、

丸火の森を満喫できる内容にアレンジしました。

アリジゴクや、ターザン、妖精探し、星座クイズ

など、色々なミッションに班で協力して、ゴールを目指しました。

 

美味しいカツカレーを食べた後、午前中に行った「マルビと伝説の森」の

ふりかえりを、自作星座盤を使って、行いました。

その後、2日間班をまとめてくれた班長さんにお礼のあいさつをして、

閉講式では、講師の先生にゼッケンの返却を行い、

星座教室を閉じました。

「来年も、ぜひ参加するね!!」の声と笑顔が企画者としては

とてもうれしかったです。

<<担当:狩野(ナナ)>>

ノルディックウォーキングで丸火を散策

 新年がスタートして3週間。やや雲が多いものの、風もなく穏やかな日和の下、1/21(日)に『ノルディックウォーキングで丸火を歩こう』を再び実施しました。

 

今回も全員、ポールを使ってのウォーキングは初心者でしたが、ポールを使ったウォーキングの特徴を説明し、今日は「ポールを後ろに突いて歩く」スタイルを体験していただきました。

ストレッチをした後、早速、ポールを使って歩く練習をしました。徐々に慣れていき、いよいよ冬の丸火自然公園をのんびり歩いていただきます。

 

2本のポールを使って歩くノルディックウォーキング、普通に歩くだけで普段の2割増しのエネルギー消費があるとされ、フィットネススポーツとしても注目されています。

 

当日の様子をご紹介します♪ 

 

しばらく歩いていると、前回も見ていただいたかつての井戸(ため池)の跡にたどり着きました。

右側の前回(12月)の写真と比べてみると一目瞭然ですが、今回はだいぶ水が溜まっています。

改めて、ここが水を溜めて地域の生活を支えていた大切な場所だったということが分かりました。

 

 

 

今回も地元に伝わる哀しい伝承『大淵小僧』を紙芝居で紹介し、丸火自然公園内に点在する溶岩洞窟や溶岩流の解説も行いました。丸火自然公園名物?『アリジゴク』も体験していただき、スタッフも必死で走って脱出していました(笑)。

 

天気は良かったものの、やや雲が多く、伊豆半島ははっきり見えませんでしたが、駿河湾、清水港方面まで一望できました。

 

今後も、富士山だけでない、丸火自然公園の隠れた絶景ポイントもご紹介していきます。

リフレッシュと健康づくりに、ポールを使ったウォーキング、是非やってみてください!

→次回については、これから検討していきます。

<<担当:大武ウォーリー>>

あけましておめでとうございます

つどいの広場の池

 あけまして、おめでとうございます!

 本年も、富士市立少年自然の家および丸火自然公園をよろしくお願いいたします。

 

 さて、年が改まりもう4日経ちましたが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 小中学生はまだ冬休みですね。

 大人の方は、もう仕事が始まった方が多いのではないでしょうか。

 少年自然の家は明日が初開所日となりますが、スタッフは今日から出勤です。

 

 写真に載せたのは新年最初の少年自然の家(のつどいの広場の池)の様子です。

池の氷

 きりっと冷えています。

 氷の厚みはスマホの厚みとちょうど同じくらいだったので、7,8mmくらいはあるかな、と思います。

 

 せっかくなので、池のなかの様子もお伝えしたいと思います。

冬のマツモムシ

 そうです。この極寒のなか、マツモムシがいるのです。

 しかも、氷の下を、普通に泳いでいます。

 去年の主催(星座観察会)の時、展示しているマツモムシの水槽を見ていたある男の子から「マツモムシってどれくらい生きるんだろう? 冬眠するのかな?」と聞かれましたが、その答えがわかりました。

 あのときの少年、もし見ていればこのことをきみの新しい知識に加えてほしい。

 マツモムシは冬も、普通に泳いでいるよ。

 

 探せばきっと、他にもいろいろ面白いものが見つかると思います。みなさま今年もぜひ、少年自然の家・丸火自然公園に遊びに来てくださいね!

(田中)

初めての!燻製づくり!!

平成29年12月24日(日)クリスマスイブの日に、初めての主催「燻製作り」を丸火青少年の家炊飯棟にて開催しました。

今年は例年より寒いのですが、風もなく穏やかな日でした。

0歳から78歳までと幅広い年代32名参加でした。

通常の段ボールや金網そしてスモークウッド(広葉樹の細かい木の粉を圧縮して固めたもの)を用い、燻製づくりが初めての初心者でも失敗せずに、安価にできる企画を目指しました。

段ボール燻製器上手に作れるかな?ケガをしないように気を付けて!

食材(ベーコン・卵・チーズ・オイル)を入れて、これから燻製の始まりです。

燻製の種類・効能・歴史等を紙芝居でお勉強。

丸火のゆるキャラ「どんぐりぼうや」がご案内。

もうすぐ燻製できそうかな?

おいしそうに盛り付けできました。

フランスパンやコンソメスープも加わっておいしそうです。

いただきます。

<<担当:高橋(師匠)>>

 

ノルディックウォーキングで丸火を散策

 師走も半ばを過ぎ、慌ただしくなってきていますが、スッキリ晴れた冬空の下、12/17(日)に『ノルディックウォーキングで丸火を歩こう』を実施しました。

 

ほぼ全員、ポールを使ってのウォーキングは初心者でしたが、徐々に慣れていき、冬の丸火自然公園をのんびり歩いていただきました。2本のポールを使って歩くノルディックウォーキング、普通に歩くだけで普段の2割増しのエネルギー消費があるとされ、フィットネススポーツとしても注目されています。

 

当日の様子をご紹介します♪ 

ノルディックウォーキングとは、2本のポールを使って歩く運動です。たったそれだけのことですが、慣れないとぎこちない動きになってしまったりします。

まずはインストラクターより運動前のストレッチをしました。ポールを体の支えに使うことができるので、使わない時に比べて安心して体を伸ばすことができます。 

 

続いて短い距離で実際にポールを使った歩行練習をしました。「腕を振る」「前を見る」ことに意識を向けるだけで、自然と歩幅が広くなります。今回は、ポールを後ろに突くやり方で行いました。少しずつですが、皆さん慣れて来たようです。

 

 

 

しばらく歩いていると、森の中に不思議な場所を発見しました。石垣に囲まれて中に土が溜まっています。何だろうと思って中に入ってみると、ふわふわして気持ちがいいです。

実は、ここ大淵地区に水道が通っていなかった50年以上前、地元の方が使っていた井戸(沢)の跡なのです。大淵地区は川がなく、かつては水の確保に苦労していたそうです。そこで沢に堰堤をつくって水を貯めて生活用水として使っていたそうです。

 参加者は全員、富士市在住の方ばかりでしたが、こうした地域の歴史については、知らないという方が多く、これからも少しずつ地域の歴史や、人との関わりについて調べていきたいです。

 

 

 

この他、地元に伝わる哀しい伝承『大淵小僧』を紙芝居で紹介し、丸火自然公園内に点在する溶岩洞窟や溶岩流の解説も行いました。

 

当日は天気も良く、伊豆半島から駿河湾、清水港方面まで一望できました。

 

次回以降も、富士山だけでない、丸火自然公園の隠れた絶景ポイントもご紹介していきます。

リフレッシュと健康づくりに是非ご参加ください!

→次回1/21(日)のお申し込みはこちらからどうぞ♪

<<担当:大武ウォーリー>>

夜空で星さがし!丸火☆星座観察会

第1回、第2回星座観察会を開催しました。

2日間とも天気予報では、星空観察は無理かな・・・と心配される中、スタートしました。

初めに、手遊びで心も体も温まりました。とにかく丸火は寒い!のです。

天体について基礎学習を行い、双眼鏡の使い方を覚えて、

屋上へ出発です。

 

屋上に上がると、空一面に星空!・・・とは行きませんでいたが、

参加者の皆様の熱意で、星や星雲が少しだけ顔を出してくれました!!

それでも、雲の厚さにはかなわず、富士市の夜景を楽しみました。

第2回観察会では、雲に打ち勝てず、見切りをつけて上映会に急遽変更。

本日見るはずの夜空の様子を上映しました。

最後は、宮沢賢治作詞作曲の「星めぐりの歌」を皆で歌いました。

2月に行う、第3回第4回は、冬の星座が中心となります。

美しい夜空を期待します!!

<<担当:狩野(ナナ)>>

 

最終回、第5回ししどて学級

今年度、最終回の第5回ししどて学級が、行われました。天候に恵まれた二日間でした。今回のテーマは「冬じたく」です。

1日目は、富士市内の小学校の行事と重なり、学校が終わってから参加する児童が多く、開講式はちょっと寂しい人数で始まりました。

午前中は、「アドベンチャーラリー」です。丸火の公園内の色々なポイントで、先生方が課すミッションを班で協力してクリアして進みます。溶岩洞窟をくぐったり、スリル満点でした。

午後は、夜に行われるスタンツ発表の練習を行いました。各班、アイデアに力が入ります。

後半は、星座の学習です。星座をモチーフにした、ギリシャ神話をわかりやすく、先生方が劇で演じてくれました。

夕食の頃には、ほとんど全員がそろい、ジュースで乾杯しケーキも食べ、笑顔いっぱいでした。夜は、練習したスタンツの発表、そして屋上での望遠鏡や双眼鏡を使った星座観察と続きました。

2日目は、希望者は朝5時30分に起きて屋上で、明け方見える星を観察しました。月のクレーターに皆、感動していました。「早起きは三文の得」!!

朝のつどいでは、元気にラジオ体操でスタートです。

お正月飾りの輪飾りを作ったり、杵と臼で餅をついたり、新年の準備を体験しました。

そして、「私たちの木」のまとめを行いました。1年間同じ木を観察し続け、季節の移り変わりと、樹木の生命力について学びました。

昼食は、皆がついた、つきたてのおもちです!磯部巻、あんころ餅、黄粉餅にして食べました。美味しくって、ほとんど皆平らげ、残飯ゼロに近かったです。

その後、第5回の感想文を書き、すべての活動を終了しました。

閉講式では、班長から班担当の先生へ、班旗とゼッケンの返納を行いました。1年間、本当に良く頑張って、班をまとめてくれました。お疲れ様でした!!

そして、全員が修了証書を受け取り、お互いの頑張りをたたえ合いました。

先生方ひとりひとりからも、言葉を頂き、ししどて学級を閉じました。

 

皆、全5回色々な活動を通して本当に成長しました。今後の活躍に期待します。

<<担当:狩野>>

 

秋の家族自然のつどい~巨木の森で自然観察~

こんにちは!メイです。

11月12日(日)に「秋の家族自然のつどい」を開催しました!

 

「秋の家族自然のつどい」は例年登山を行っていましたが、

今年は住友林業さんの「富士山まなびの森」で自然散策を行いました♪

 

 

大人だけのグループ(師匠チーム)とファミリーグループ(メイチーム)に別れ、歩いていきます。

 

森の中は秋もだいぶ深まり、所々紅葉がきれいでした♪

落ち葉のじゅうたんの上をシャカシャカと踏みしめていくと、巨木たちが現れました。

「おっきい!」「穴は開いていても生きているんだね!」と言いながら

巨木に触ってみたり、中に入ってみたり、みなさん様々な方法で巨木にふれあいます♪

なんだかとっても楽しそうです♪

 

足元を見ると、いろんな形や色の落ち葉がありました。

これは当たり前のことですが、改めて並べてみるとあらビックリ!こんなにたくさんあっただなんて!

 

今回の「秋の家族自然のつどい」は、こんな風にのんびりと♪

なにげなく通り過ぎてしまう自然に目を向けながら、

実際により多くの5感を使って自然体験をしていただきました♪

 見て、さわって、においをかいで、音を聞いて、おいしいお昼を食べて

みなさんからは、

「山にはいくけれど、今回初めて見たよ!」

「モグラってこんな生活をしているんだ!はじめてさわった♪」「コケもふかふか♪」

という感想をいただけました。

 

森にはふしぎなものや学ぶこともいっぱいあり、大人になってもハッと気づかされることが多々あります。

そんな発見する楽しさや自然からもらう不思議なエネルギーを感じていただけたら幸いです。

 

普段の生活でも、足元の草花や身近な自然に目を向けていただけたら嬉しいなと思います。

ご参加いただいたみなさまありがとうございました!ぜひ来年もご参加ください♪

 

※「富士山まなびの森」とは、1996年の台風により被害を受けた国有林を

 

 自然林に復元するために始まったプロジェクトです。

 

<<担当:北村(メイ)>>

ノルディックウォーキングで丸火を散策

日に日に秋が深まり、丸火自然公園の紅葉も徐々に進んできています。 

来週からスタートする、「ノルディックウォーキングで丸火を歩こう」。

2本のポールを使って歩くノルディックウォーキング、普通に歩くだけで普段の2割増しのエネルギー消費があるとされ、フィットネススポーツとして注目されています。

今日はルート確認を兼ねて下見に行ってきました。

少しだけ雰囲気をご紹介します♪

 

明け方雨が降りましたが、その後は雲が抜け快晴となりました。富士山もまた少し雪化粧して、だんだん「富士山らしく」なってきました。木々の紅葉も少しずつですが、確実に進んできています。 

 

 

 

しばらく歩いていると、森の中に不思議な場所を発見しました。石垣に囲まれて中に土が溜まっています。何だろうと思って中に入ってみると、ふわふわして気持ちがいいです。

実は、ここ大淵地区に水道が通っていなかった50年以上前、地元の方が使っていた井戸(沢)の跡なのです。大淵地区は川がなく、かつては水の確保に苦労していたそうです。そこで沢に堰堤をつくって水を貯めて生活用水として使っていたそうです。

 

一体どこにあるのか、、、場所は当日のお楽しみです♪

こうした知られざる大淵地区の歴史や、遺構も紹介していきます。

 

 

当日は天気が良ければ伊豆半島から駿河湾、清水港方面まで一望できます。富士山だけでない、丸火自然公園の隠れた絶景ポイントもご紹介していきます。

リフレッシュと健康づくりに是非ご参加ください!

→お申し込みはこちらからどうぞ♪

<<担当:大武ウォーリー>>

いよいよ今週末!秋の家族自然のつどい♪

 

こんにちは!メイです!

いよいよ今週末の開催イベント「秋の家族自然のつどい」に近づいてきました♪

今日は天気も良かったので、「富士山まなびの森」へ下見に行ってきました。

少しだけ雰囲気をご紹介します♪

 

 

「富士山まなびの森」は富士山の1100m付近に広がり、樹齢数百年の巨木がある森です。

”サクッ!サクッ!”っと落ち葉を踏みしめながら進んでいくと、

色鮮やかな巨木たちが出迎えてくれました♪

見上げきれないほど枝葉を広げる姿はとても壮大です!

 

 

しばらく歩いていると、森の中を駆け抜ける「シカ」に出会うことができました。

当日もひょっとしたら顔を出してくれるかもしれません♪

 

こんな非日常がのんびり楽しめる」「秋のつどい」です。

まだお申込みに空きはありますので、興味がある方はお気軽にお問合せください♪

みなさまのご参加お待ちしております!

 

昆虫探し
おまけ:この中にバッタが隠れているよ!探してみてね♪

↓<答えあわせ>↓

バッタ
難しかったかな?真ん中の少し左下にいたよ!

<<担当:北村(メイ)>>

ハッピーハロウィン♪

こんにちは!メイです。

10月29日にハロウィンイベント「かぼちゃランタン作り」を開催しました♪

 

当初は午前のみのイベントでしたが、大変ご好評いただき

午前と午後に分けて2回、なんと合計86名のみなさんにご参加いただきました!

お申込み、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました♪

 

活動の様子をちょっとご紹介します♪

 

まずは、ナナとメイによるドタバタ劇場!

「ジャック・オー・ランタン」のお話をホワイトボードを使って上演しました。

大人も、子どもも夢中!!

なぜ、かぼちゃランタンをハロウィンに作るのかみなさん納得の様子でした♪

 

そしていよいよ”かぼちゃランタン”作り!!

まずは、かぼちゃの顔のデザインを決めてから、ろうそくを入れるために中をくりぬきます。

蓋をくり抜くとスポーーーン!中には種がぎっしり!!

 

スプーンで種をかき出して、きれいにしたらいよいよ顔をくり抜いていきます。

みなさん親子で協力しながら、楽しそうに作っていました♪

 

そして時には黙々と慎重に…

 

そしてそして!

じゃじゃーーん!ついに完成♪

続々と完成したかぼちゃが並んでいきます♪

 

全員出来上がったらみんなで点灯式です。

どんな感じにに光るのかワクワクしながら

みんなでカウントダウン!

 

「3・2・1…パチ!(暗くなる)」

「わぁ~~~!キレイ!!」という歓声とともにシャッター音がパシャパシャ!♪

みなさん綺麗な写真を撮りながら、幻想的なかぼちゃランタンにうっとり♡

 

同じかぼちゃで作っても、いろんな表情があってとっても素敵なハロウィンになりました♪

 

富士市立少年自然の家では、大人も子どもも楽しめるイベントがこれから盛りだくさんです♪

詳しくはイベント情報をチェックしてね★

 

皆さんのお越しをお待ちしております♪

 

<<担当:北村(メイ)>>

かぼちゃが届きました♪

こんにちは!メイです!

10月29日(日)開催イベント「かぼちゃランタン作り」にいよいよ近づいてきました♪

 

そして本日!ハロウィンかぼちゃランタン本場のアメリカから”かぼちゃ”が届きました~♪

手のひらサイズでかわいいです♪試作をしてみるとこんな感じ♪

かぼちゃランタン

お天気が心配ですが、今のところ予定通り開催する予定です。

お申し込みいただいた方、当日お楽しみに♪

みなさまのお越しをお待ちしておりま~す!

 

<<担当:北村(メイ)>>

いつのまにか蛹になってました!!

先日、救出(?)したジャコウアゲハの幼虫の食草、

「オオバウマノスズクサ」の葉を新鮮な葉に替えてあげよう

と思ったところ、なんと

虫かごの中でいつの間にか蛹になっていました!!

 

蛹の色は写真のとおりで、成虫の黒とはかけ離れた色をしています。

 

羽化までこぎつけることができるでしょうか・・・

今後の成長が楽しみです。

<<狩野:ナナ>>

自動販売機が設置されました!!

お待たせしました!!利用者の皆様のご要望にお応えしまして、

ついに自動販売機が設置されました。

 

夏休みに入り、県外からの利用者が増え、

皆さんにはご不便をおかけ続けておりました。

今日から、安心して水分補給ができますよ!!

公園利用者の方も是非ご利用下さい。

 

設置場所は少年自然の家の正面玄関入って目の前です。

ご利用をお待ちしております。

 

<<狩野:(ナナ)>>

 

 

幼虫発見!

ジャコウアゲハの幼虫が少年自然の家の北側の

コンクリートの上を歩いて(?)いて、車に引かれてそうだったと、

所員の師匠とたなやんが救出してきました。

幼虫の特徴は黒に白色ラインがあり、全身にとげがあるようなごつごつした身体をしています。

幼虫の食草であるオオバウマノスズクサ(写真のようにハート型の葉)が丸火にたくさん生えているので、

蝶が卵を産むためにたくさん集まってきているのです。

 

見て下さい!!これは少年自然の家体育館西側の営火場にあるエゴノキの花に群がる

ジャコウアゲハです。おびただしい数の蝶がわかるでしょうか?

ジャコウアゲハの成虫は、写真のようにお腹が赤いのが特徴です。

正面から見た顔は、まじかでみるとちょっと怖いです。

幼虫時代、毒のあるウマノスズクサを食べて過ごしているので、

成虫も毒があるようです。

なので、鳥に狙われることなく優雅に丸火公園内を飛んでいます。

ぜひ、会いに足を運んでくださいね。

<<狩野(ナナ)>>

素敵な手作り棚完成!

少年自然の家の受付の横には、利用者が役に立つ情報やチラシを設置しています。

実はその棚、所員の「たなやん」の手作りなんです。

夏休みに向けて、色々な情報チラシが増えてきたので、

たなやんが、棚に下段を増設してくれました。

角度、高さを色々調整して本人も満足な、棚が完成しました。

丸火公園にいらした時には、ぜひ受付によって、この棚から

お得情報をゲットして下さいね!

<<狩野(ナナ)>>

 

ヤマユリがすごい!!

今年も丸火少年自然の家の周りにヤマユリが咲きました。ただ今、満開です。

とにかく花が大きい!!あまりの重たさに、まっすぐには立っていられません。

全てお辞儀をしているように倒れています。それでも、花は元気に咲いています。

後数日で、花が終わってしまいます。一見する価値おおありです。

ぜひ見に来てください。

<<担当:狩野(ナナ)>>

笹場のお茶が富士山に

梅雨が明け、いよいよ夏本番ですね。

富士山も本格的な登山シーズンとなっていますが、今日は地元の皆さんと一緒に、富士宮口の新七合目まで登り、去年から保存しておいたお茶を取り出し、ミス日本みどりの女神や、登山者に贈呈するイベントに参加してきました。

 

竹を切る師匠

 

 富士宮口五合目では、富士山の環境保全のために協力金を集めています。今日は、2017年度のミス日本みどりの女神・野中葵さんら、6名の女神も協力して、登山者に協力金の拠出をお願いしていました。ある人は「これなら、毎日払いに来るよ」と笑って協力金を払っていました。

 今日、目指すのは標高2780mの新七合目・御来光山荘です。

ここに、昨年収穫した大淵笹場のお茶が保存されています。五合目からの標高差は約400m、高度があるのでゆっくり登らないとしんどいですが、天気に恵まれ、1時間ちょっとで順調に到着しました。

用意したのぼりを立て、準備万全です。

 

 

女神御一行も無事に新七合目に到着し、いよいよお茶の試飲と贈呈です。

やや濃いですが、いい色とお茶の香りが辺りに漂います。

女神の皆さん、「お茶好きですよー」と言いながら、それぞれ飲んでいただきました。

登山の疲れと、のどの渇きもあったと思いますが、皆さん「美味しい!」と大好評でした。

 

その後、笹場のPR横断幕の前で、大淵地区まちづくり協議会の観光環境部会の鈴木部会長から野中さんへ、お茶の贈呈と、記念撮影が行われました。

 

続いて、女神たちによる登山者にお茶の振る舞いが行われました。

今日は海外からの登山者も多く、中国・台湾からのグループもいくつかありました。

皆さん、漢字は読めるようで「富士山!」と言いながら、横断幕の前で記念撮影をしていました。

私は、ひたすら横断幕を持ち、記念撮影をサポートしていました。

途中から、静岡県富士農林事務所の田島所長も応援してくださり、なんとも有難かったです^_^;

 

いやはや、何とも慌ただしいイベントでしたが、地元の皆さんと汗を流し、登山者の皆さんにも富士市大淵をPRできて楽しかったです。いやぁ、皆さん、元気でパワフルです!

 

この笹場の景観を維持するためにも、お茶農家が誇りと自信を持って、生産しつづけてもらえるような体制づくりに協力していきたいです。

 

《大武ウォーリー》

みんなで七夕を楽しもう!

こんばんは!メイです。

今日は7月7日の七夕ということで、スタッフでササを準備しました♪

ちょこっとその様子をご紹介します↓

竹を切る師匠

 

 

 

 

まずは師匠の出番!

いきのいいササをササッと切ってきてくれました(笑)

 

 お次はナナさん!

折り紙であっという間にかわいい飾りを作ってくれました。みんなで飾りつけしていきます…

そして七夕コーナーの完成!(おやおや?いつの間にスタッフのジミーのお願いも…)

みなさんもぜひ遊びに来た時は短冊を書いていってくださいね☆

今日の丸火の空

 

 

そして肝心な今日の空はこんな感じです。

織姫と彦星は会うことはできるのでしょうか。

 

 

今夜はふと夜空を見上げてみても

いいかもしれませんね☆

 

<担当:北村(メイ)>

モリアオガエルの卵

モリアオガエル 卵 1日目

 昨日はすごい暴風雨でしたね。

 富士市の一日の降水量は177mmだったようです。

 カエルにとっては恵みの雨だったようで、モリアオガエルがまた卵を産みました。

 再度卵の写真を撮ってみました。

 上の写真は昨日の朝産んだ卵の様子を昨日の時点で撮ったものです。

 卵割は進んでいると思うのですが、全体的にのっぺりとしていて、どのステージにあるのか確認はできませんでした。

モリアオガエル 卵 2日目

 これは今日の様子です。

 原腸陥入(げんちょうかんにゅう)が起きたようです。

 卵黄栓ができています。

モリアオガエル 卵 2日目

 2枚目の写真から3時間後の様子です。

 外胚葉が表面を覆い卵黄が胚内部に入ってゆき、卵黄栓はどんどん小さくなっています。

 明日はどうなっているでしょうか。

(田中)

まちづくり課の職員研修を行いました

空梅雨で夏空の下、昨年に引き続き丸火青少年の家で、富士市まちづくり課職員研修が行われました。

 

富士市では、各地区にまちづくりセンター(通称:まちセン)があり、そこが主催するサマーキャンプや、

青少年育成事業が数多く開かれています。

まちづくりセンターで事業を担当する若手を中心とした職員22名に対し、野外活動をする上で

知っておくべき知識・技術を学ぶ研修会を、少年自然の家職員(大武・北村・髙橋)が担当しました。

 

最初に、北村メイより、参加者同士と参加者と指導者の緊張を解く「アイスブレイクゲーム」を行いました。おなじみのじゃんけんや手合せゲームなどを通じて、徐々に参加者同士の緊張がほぐれ、笑顔が生まれてきました。

続いて大武ウォーリーより、メンバー同士を知るゲームを行い、血液型や生年月日など、共通項でグループづくりを行いました。和気あいあいとした雰囲気でゲームを行い、その後、指導者としての注意点を確認しました。

 

 

続いて、かまどを使った野外炊飯実習。今回も所員の髙橋師匠の指導の下、飯盒でご飯を炊き、鍋でカレーを作りました。

飯盒は昔使ったことがあるような…という人が多い中、水を使わない研ぎ方、

ススの焦げ付きを防ぐコーティング方法など、目からウロコの内容だったようです。

 

カレーも野菜をなるべく細かく切って、水から一緒に煮込むことで、素早く、おいしくできることに

一同ビックリ!

 「薪の組み方が参考になりました」

「夏のキャンプで早速実践したい」

参加者から次々声が挙がりました。

 

午後からは、指導者としての心構えについての講義と、救急用品の確認を行いました。

「一人では気づかない危険が複数の目で見ると気づく」

「救急用品の中身をじっくり見たことがなかったので、中身を見直したい」

 参加者には、明日から実践できるヒントがいくつか見えたようです。

 

今回の研修を機に、富士市役所職員が丸火自然公園、少年自然の家をもっと知り、

ここがさらに青少年教育活動の拠点として、活用されることを願っています。

 

これからも、各まちセンと連携していきたいと思います。 

 

<<担当:大武(ウォーリー)>>

ノウサギが遊びにやってきています

 連日、地元の小中学生の受け入れで賑わっている少年自然の家ですが、今週は毎日昼休み時間になると森からノウサギが遊びにやってきます。駐車場に生えているオオバコの葉が好きなようで、人目を気にせず?せっせと食べています。大きさからみて、まだ子どものようです。

 もちろん、野生なので近づくとすぐ走り去りますが、いつまで遊びに来てくれるか気になります。

 

 親しみを込めて、勝手に「関根君」と名付けました。(性別は不明ですが、なんとなくオスだと思います)明日も待っているよ!

 

《ウォーリー》

ヤマアカガエル、上陸

ヤマアカガエル 変態 前肢

 ヤマアカガエルです。

 前肢が、生えました。

 肺もできたので、陸上に上がっても大丈夫です。

ヤマアカガエル 上陸

 まだしっぽが残っているのでサンショウウオのような趣です。

 ちなみに裏側は、こういう感じ。

 ヤメテクレー。

 上の写真は別個体のものです。

 よく見るとこの個体、おもしろい状態になっています。

 右腕が、まだ生えてきていません。

 腕は、必ずしも同時に生えるわけではないようです。

 アングル的に右手側が見えづらいので、裏から撮ってみます。

 右腕のあるあたりが、膨らんでいます。

 もう中では完成しているようで、右腕の形がわかります。

 変態をするときには皮膚の細胞が自己免疫によってアポトーシス(自死)を起こし、そうして崩れた皮膚を突き破って、中にできている腕が出てくるようです。

 これも身近な、自然の神秘です。

(田中)

スゴイことになっています。

クモ 群がり

 少年自然の家の研修棟、屋根のあたりで何やら黒いものがひしめきあっています。

 遠目で見ると何かよくわからないのですが、近づくと・・・

クモ 群がる

 ぎやぁーー!

 どうやら、クモが一斉に孵化した模様です。

 クモ自体は嫌いではないのですが、これはちょっと苦手です。

 群集好きな人にはたまらないものかもしれませんが・・・

 いや、でも、よく見ると生命の爆発というか、何かいい感じのものに、見えなくもないかも?

(田中)

生き物にぎわう丸火です

 

季節は進んで5月も下旬。

生き物たちが賑やかな丸火自然公園です。今日は元気な生き物たちを紹介します。

 

まずは、毎年恒例のツバメたち。

少年自然の家の軒下で巣作り&子育て真っ最中です。

注意してみると、5羽いるようです。口をいっぱい開けて、親鳥からのエサを待っています。

 

 


 

続いて、珍客・ノウサギです。

事務室裏の駐車場にふらっとやってきて、のんびり草を食んでいました。

警戒心が強く、耳は常に周囲をうかがっていますが、なかなかのイケメン?ですね。

糞はよく見かけますが、こんなに間近で見るのは初めてです。

 

 

最後は定番・ギンヤンマとモリアオガエル。

つどいの広場前の池の住人としておなじみですが、最近少し早く孵化したヤマアカガエルのオタマジャクシがだいぶ大きくなり、せっかくの卵がオタマジャクシに食べられてしまっています。自然の摂理とはいえ、複雑な気持ちです。

 

市内の中学校受入が続きますが、自然も日々変化し、生き物も成長しているんですね。

いやぁ、賑やかな丸火です。

 

<<担当:大武ウォーリー>>

遊んでみよう!ころころレール!

こんにちは。メイです。

少年自然の家に新しいおもちゃ(!?)が寄贈されました。

 

名付けて「ころころレール!」なんとこれすべて手作りなんです!

寄贈してくださったのは、夜間宿直をしてくださっていた元シルバーさんです。

 

さっそく遊んでみましょう~

遊び方:たまを選ぶ
①まず転がすたまを選びます。どれもカラフルで迷いますね!
遊び方:レールにセット
②そしてレールにセット!手を放して発進です。

このおもちゃ、すでに子どもたちに大人気です!

仕組みは単純ですが転がる時の動きもおもしろく、

大人もついつい眺めてしまい楽しめてしまいます(笑)

 

数ある「たま」も種類によって速さが違うので

 

ぜひ遊びに来た時はやってみてください♪

 

<<担当:北村(メイ)>>

モリアオガエルが孵化しました

モリアオガエル おたまじゃくし

 先日写真にあげたモリアオガエルの胚が大きくなりました。

 すでに孵化し、もうこの状態です。

 成長、速いですね!

 そしてかわいい。

 まだエラがはっきりしているので、なんとなく、鳥みたいにも見えます。

 ちなみに、前回(3日前です)はこうでした。

モリアオガエル 胚

 発生は一瞬です。

 孵化後の現在の様子を別のアングル(真上)から撮ってみました。

モリアオガエル おたまじゃくし 2

 こうしてみると、なんだか不思議な生き物ですね。

 生き物として不思議なのか、それとも生命の不思議さをわかりやすく体現してくれているからなのかはわかりませんが、眺めていると、不思議な気分になります。

 発生はドラマだなあと、思います。

 生命の誕生はいつ見ても奇跡的です。

 (田中)

今年もモリアオガエルが卵を産みにきました。

モリアオガエル 卵塊

 この間、森から「つどいの広場」の池に移動してくるところが目撃されていたモリアオガエルですが、その後、池にぶらさげておいた枝に卵を産みました。

 池はすでにヤマアカガエルのオタマジャクシがいっぱいですが、さらににぎやかになりそうです。

モリアオガエル 胚

 この卵塊のなか、卵の様子がどうなっているのかを見てみました。

 まだ卵黄を抱えた、尾芽胚と呼ばれる段階のようです。

 少しわかりづらいので、アップにしてみます。

モリアオガエル 胚 2

 まだ目は分化していませんが、もう脳は形成され始めています。

 どっちが頭で、どっちがしっぽかがわかります。

 来週には孵化するでしょうか。

 楽しみです。

(田中)

にぎやかな丸火

こんにちは!メイです。

今年度が始まったと思えば、もうあっという間に5月も後半ですね。

 

少年自然の家では、地元の中学校の受け入れが始まり

毎日元気な声が響いています。

活動が終わった後の充実した子どもたちの顔を見ていると、

なんだかこちらも嬉しくなってしまいます。

 

丸火自然公園も緑が茂り、心地よい風と共にカエルたちの鳴き声が聞こえ

歩いているととても気持ちがよい季節です。

今日はお昼休みにちょこっと足をのばして花の写真を撮ってみました。

春の花々もきれいですが、この時期の初夏の花々もオススメです。

少年自然の家の周りだけでもこんなにたくさんの花が!

 

晴れた日にのんびりと散策してみてもおもしろいかもしれませんね。

ぜひお気軽に遊びに来てください♪

 

<<担当:北村(メイ)>>

満員御礼。

霧

 にぎやかなGW(ゴールデンウィーク)が終わりました。

 みなさまはこの休日、どこで過ごされたでしょうか?

 おかげさまでここ丸火もたくさんの利用者の方が来られ、ピークの3日4日のキャンプ場は満員でした。

 天気にも恵まれてまさに絶好のキャンプ日和、昨日までの三日間は抜けるような青空が広がっていました。

 ご利用いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 今日はうってかわって、霧です。

 人気がなくなり、公園内はしっとりとした落ち着いた雰囲気です。

 今日も数組の方がキャンプ場を利用されていますが、穏やかな森のなかで談笑されている様子に何かこちらまで癒されます。

 にぎやかなキャンプ場もいいですが、こういうしっとりとした夕方もいいですね。

 今日6日もお休みという方もおられると思いますが、飛び込みキャンプも絶賛受付中です。

 どこに行こうか迷っている方、ぜひ丸火に遊びに来てください!

 (田中)

大淵お茶まつりが行われました

大型連休後半がスタートしました。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

 

今朝は好天に恵まれ、「第5回大淵お茶まつり」が盛大に開かれました。

この祭りは、少年自然の家がある富士市大淵地区が開いているイベントで、静岡県を代表する景観「大淵笹場地区」の茶畑で、新茶の摘み取り風景を富士山をバックに撮っていただこうというものです。

 

地元の小中学生に協力いただき、昔ながらの「茶娘」に扮してもらい、新茶の摘み取り風景を再現してもらいました。

 

 

オープニングには、小長井富士市長も出席いただき、続いて地元でガイドをされている藤田さんより、大淵笹場や歴史を語っていただきました。

茶娘の茶摘み再現が始まると、カメラを抱えたカメラマンが一斉にレンズを向け、ちょっと異様な風景になりました。茶娘役の小中学生、慣れない作業に戸惑いながらも、友達同士、楽しんでいるようでした。

 

 

茶畑の所有者である農家の方に話を伺ったところ、今年は気温が低く、まだまだ新芽が十分伸びておらず茶摘みには早いそうです。また、茶畑は手入れによって新芽の成長や色・味が全く違うとのこと。

 

この笹場の景観をこれからも残すためには、「茶畑としてよいお茶を作る」という本来の機能が発揮されることが不可欠だと感じました。

ただ、茶葉の価格が低迷している現在、従来のような生産して一括して製茶してしまうやり方でなく、この景観を守るというメッセージも込めた、「新しい物語」を紡いでいく必要もありそうです。

 

できたての新茶をいただきながら、そんなことを感じた1日でした。

 

<<大武ウォーリー>>

今週末空いてます!今がおすすめキャンプ場!

こんにちは!メイです。

 

ゴールデンウィークも近づいてきましたね。

どこかに行きたいけど、まだ決まっていないそこのアナタ!

丸火のキャンプ場まだ空いております! 

かまどもきれいになりましたのでぜひご利用ください。

 

特に今週末はお天気もよさそうでおすすめです♪

今年は例年より寒かったため、普段はこの時期に見られない桜と

ミツバツツジのコラボが見られます。

お子さんと広場で遊んだり、木の実を拾ってクラフトもいいですね♪

 

春ならではの植物も色とりどりに咲いていて散策も楽しいです。

 

みなさんのお越しをお待ちしてまーす♪

 

<<担当:北村(メイ)>>

ヤマアカガエルの胚、成長中

 あれからどれだけの時間が経ったでしょうか。

 まだ一週間程度しか経っていないはずですが、だいぶ、大きくなりました。

 少年自然の家の前のにある人工池に先週産み落とされたヤマアカガエルの卵は今こうなっています。

 成長速いですね。

 最初は一個の受精卵ですが、分裂するたびに細胞数は幾何級数的に増えます(n回分裂したとすれば2のn乗個になる、はずです)。

 すごいですね。

 もう体のくびれやエラらしきものが見え始めているものもいます。

 時々くるっと動くのがかわいらしいです。

 生きています。

 (田中)

「つどいの広場」の池を掃除しました。中からは・・・

昨日の出来事ですが、「つどいの広場」の池を掃除をするために、十数センチほどの水位になるまで池の水を抜きました。

池の真ん中の石組みがむき出しになって新鮮な景色に見えます。

掃除をする前に池のなかにいる生き物を救助しておこう、ということで、網を持って捕獲にかかります。

写真は所員のナナさんです。

池のなかを歩き、驚いて出てきたカエルやヤゴなどを捕まえるのですが、これがかなり楽しいようで、「ずっとやっていたい」とナナさんは言っていました。

すごい集中力で次から次へとカエルを捕まえていきます。

捕まるのはすべてヤマアカガエルで、最終的にはかなりの数になりました。

実際にはこの倍ほどの数が捕まりました。

一匹取り出してみるとこんな感じです。

この個体はまだ小さいですが、交尾中の個体もいたりして、この池ではもう何年も繁殖が繰り返されているようでした。

驚いたのは、オタマジャクシも数匹いたことでした。

まだ春も早いのにいるのですね。

オタマの写真は衝撃的過ぎて撮り逃しました。

ヤマアカガエルの他にはギンヤンマのヤゴが大量にいました。

元気に羽化して欲しいです。

翌日(これを書いている今日ですが)、池の真ん中に昨日捕まえたヤマアカガエルのうち一匹が産んだであろう卵塊がありました。これも、順調に孵化してくれるとよいですが。

(田中)

初雪!

寒くなりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

本日、丸火には初雪が降りました。

今年は紅葉が遅く、最近ようやくもみじが色づきました。

ただ、おかげで紅葉をバックに雪が降っているのを見ることができました。

遅く染まった紅葉に雪が降るのもいとをかし。

(田中)

身近な自然の驚異の営み

 少年自然の家、つどいの広場中央にある池です。

 いつもと変わらず、今日も少年自然の家の前にあります。

 当たり前のように存在しているとそうめずらしいものでもないような気がしてきますが、実はこの池、スゴイんです。

 一見それほど豊かな自然のようには見えませんが、この池には微生物も含め、今日確認できただけでも十七種類以上の生物がいます。

 左側はギンヤンマかオニヤンマのヤゴで、右側はミズカマキリです。

 写真だと分かりづらいですが、ヤゴは5cmほどの大きさなのでかなり見ごたえがあります。

 でも今日はヤゴでもミズカマキリでもなく、こいつをフィーチャーしてみたいと思います。

 これです。

 マツモムシという半翅目の一種(カメムシの仲間)なのですが、この虫、すごい特技をもっているんです。

 実は写真ではもうすでにその能力を発揮しているのですが、このままだといったい何がすごいかわからないので、同じマツモムシを写した別の写真を見てみたいと思います。

 水槽の水を抜いてみます。

 これが水から出た時のマツモムシです。

 結構かわいい顔をしています。

 でも、もちろん顔がかわいいことが特技なわけではありません。

 もうお気づきだと思いますが、水の中と外とで、体表の色が違います。

 水の中では銀色に見えていましたが、水から出ると黒と茶色の、案外地味な色をしています。

 この色がマツモムシの本来の体色です。

 肉眼で見てもわからないのですが、顕微鏡で見るとマツモムシの体表には細かい毛がびっしりと生えています。

 風呂に入った時にすね毛に気泡がつくのと同じ要領で、マツモムシは体表に生えた毛に空気を含ませます。

 そうしてできた空気の層が光を反射することでマツモムシは自分の姿を眩ませています。

 もう一度水の中にいるマツモムシの写真を見てください。

 空気の層で反射した光で肢以外の部分を見えなくさせています。

 かなりのステルス性能ですね。

 ほとんど「鏡」です。

 逃げたり騙したり隠れたりしながら、今日も小さな池の中ではたくさんの生き物がしたたかに生きています。

(田中)

宝永登山下見に行ってきました

 昨日、宝永山下見に行きました。上の写真は宝永第一火口縁です。

 台風が来る直前だったのでなかなか趣のある天候でした。

 風は強くはなかったのですが時折強い雨が降ります。

 晴れればもっときれいな景色をお見せできたはずですが、それはまた次回。

 ルートは富士宮口五合目から六合目まで上がり、宝永山第一火口から馬の背を抜け大砂走りを下って太郎坊(御殿場口新五合目)に到着、というコースを予定していたのですが、雨脚が強くなってきたので途中で断念、宝永第二火口から樹林帯を通り富士宮口五合目に戻るというルートに変更しました。

 雨が降っていたので樹林帯はしっとりとしていい雰囲気でした。

 写真中央部と右側に生えている樹の幹から垂れ下がっている白緑色の網目状のものはサルオガセと呼ばれている地衣類の一種で、湿度が高く空気のきれいなところにしか生きられないと言われています。

 さすが富士山。

(田中)