まるび☆ちびっこ森の探検隊~小学生編~

新型コロナ感染症拡大防止の為、延期となった「まるび☆ちびっこ森の探検隊~小学生編」

気持ちいい秋晴れの中、開催しました!!

 

もともと、年中さんと年長さんを対象に開催していた「まるび☆ちびっこ森の探検隊」が

緊急事態宣言発令で中止になってしまい、その間に小学生になってしまったことから、

リベンジ編として小学1年生~2年生を対象に企画したのが始まりでしたが、

予想以上の人気で、小学生編が定着してきました。

年中、年長さんの時から参加してくれているメンバーが過半数を占めていることもあり、

初めましてのお友達は、おうちの人と離れた後、最初は不安げでしたが、

あっという間に仲良くなっていました。

「さすが、小学生!」っと思ったのは、名札をみて(字が読めるようになって)お互い、

初めて出会ったのに、名前で呼び合っている姿が印象的でした。

 

いつものように、自己紹介と今日やりたい事の発表をして、

一日の過ごし方を地図を見ながらみんなで相談して、探検に出発しました。

 

大きなメタセコイアのあるグリーン広場に着くと、早速各々遊びが始まりました。

小枝を集めて、つるで縛って自称「ブーメラン」を作る子、

木の実を見つけて集める子、虫探しに夢中になってる子、

落とし穴づくりに励む子、鬼ごっこを始める子。

自然の中で、それぞれが自分の興味のあることに夢中になる姿は、

本当に心が温まります!

 

場所を移動して、西側のグリーン広場では、大掛かりな秘密基地づくりが

始まりました。色々な意見が飛び交いながら、協力して作っていました。

柱用の大きな倒木をひたすら運ぶ子、倒木を組み合わせて頑丈な基礎を作る子、

苔のついた枯れ枝を利用して「壁」づくりに励む子、色々な工夫が産み出され行きました。

 

ベンチも作ろうと、大きな倒木を磨いていると(皮をはいだり、削ったり)、

中から小さな虫が出てきて、枯れ木の中に住んでいる虫に興味しんしん。

「水分があるんだよ。」「水分の量で木の中の色が変わるんだよ。」

「この木くずは火起こしに使えそうだ!」なんて言葉も飛び交い、色々な経験しているんだな~

小学生ってすごい!とまたまた感心しました。

 

今年はジョロウグモが、例年に比べて多いな・・・と感じていたのですが、

クモの巣に引っかかったカマキリと、クモの戦い(?)にも出くわしました。

しばしその行方を観察しました。

 

昼食のお弁当は、各々好きなところで食べました。

ひみつ基地の中で食べる子、木登りして木の上で食べる子、

虫かごを真ん中に置き、捕まえたコオロギの鳴く声を聴きながら

輪になって食べる子たち。色々な感性に、ほっこりしました。

 

午後は、場所を中央広場へ移動し、朝の相談でやりたい事ベストワンのアリジゴクで、

思いっきり、走り回りました。このアリジゴク、なぜかいつも子ども達に人気なんです。

斜面を走り回る、走らないと上に上がれない、そんな体感が楽しいのかな~?

 

芝生広場で、斜面をごろごろしたり、ちびっこ砦で忍者ごっごをしたり、

洞窟探検をしたり、色々な遊びが展開されました。

自分達でルールを決めて遊ぶのですが、これがまたもめるもめる・・・

でも、小学生ともなると自分を制御して折り合いをつけて、

大人が介入しなくてもなんだか丸く収まったりしていました。

 

最後はスタッフ「ジョイ」による絵本の読み聞かせ。

皆、夢中で聞き入っていました。

 

今回は、色々な場面で、いつもよりもめごとが多かったような気がします。

ただ、それぞれお互いを意識し、思いやる場面も見られ、

自然の中の活動の大切さを感じました。

コロナ禍で、色々なことが制限されて生きにくいかもしれませんが、

自然に向き合うって危険なことも多いけど、学ぶことは多いな~と感じた回でした。

小学生編、2月にも行う予定です。

また、成長したみんなに会えるのを楽しみにしてます!!

 

<<担当:狩野(ナナ)>>